次回のピンポイントシューティング・予定

※この記事は常にトップに表示されます。最新記事はこの下にあります。

「あきゅらぼ」主催のエアガン射撃大会の予定をお知らせします。

次回の「ひたすらブルズアイ」は、11月17日(土曜日)新宿MMSにて開催します。開始時刻はいつもどおり夜の5:00です。
newターゲットと、「おうちでブルズアイ練習セット」を使用予定です。

続きを読む

身にならない苦労をした話

2018.3.22 木曜日

2000px-Wordpress_Shiny_Icon.svg[1]なぜか、ブログに新しい記事の投稿ができなくなったと思ったら、なんと「容量がいっぱいになっている」のが理由だった。同じ理由でコメントの書き込みもできなくなっていたようだ。いくら無料プランといっても1GBもあるんだからそう簡単にいっぱいになるはずないのに……と思って調べてみたら、確かに限界突破している。画像だけで800MB以上もある。写真いっぱいのブログというわけでもないのに。

この無料プランそのものが、「以前はやっていたけれど今はもうやってない、昔からのユーザー向けにいやいや残してあるもの」という扱いらしく、有料プランへの切り替えは全く新しい別の契約になるとのこと。そりゃいくらなんでも面倒だ。ふと、画像だけ別のサーバに移せないかと思って軽く検索してみたら、けっこう良く行われているやりかたのようだ。ちょうど容量に全然余裕がある別のサーバがあるからそっちに画像だけ移してみよう……と思い立ったのが、雪が降ってどこにも行けない春分の日の朝。

続きを読む »

「LED照明のギラつきを抑える」というレンズを買ってみました

2018.3.17 土曜日

照明がギラギラと眩しくて、標的の黒丸と前後サイトが霞んで見えてしまうという現象に悩まされる「使い込んだ眼」の所有者にとって、ギラつきを抑えてくれるフィルターというのは、もし本当にそれの効果があるのなら少々の出費は厭わないレベルで欲してやまないグッズの一つです。

「LED照明のギラつきが悩ましい」と思うのはどうやら射撃人だけでなく、ごく普通のオフィスワーカーさん達にとっても悩みの一つになっているそうで、それに対応するための特別なレンズというものが販売されているのを見つけました。サングラス用レンズのメーカーとして有名なTALEX製の「モアイレンズ」というやつです。
 

offical-site公式サイトには、いろいろと素晴らしいことが書いてあります。白内障の手術の後遺症などで眩しさに敏感になってる人にも適した製品なのだとか。


talex-1近所にある眼鏡屋さんを通してなんとか未加工のレンズを入手できました。公式サイトにある写真のように劇的な効果があるかと言われると、ちょっとどうかな……?って気もしますが、細かいものがクリアに見えるのは確かのようです。


talex-2とりあえず、直径30mmに切り出してみました。単なる平らなポリカ板やアクリル板とは違って、曲面だし複雑な積層構造になってるしで、綺麗に切り出すのはけっこう至難の技です。端っこがガタガタになっちゃいました……まあ、レンズとして使うのは端っこではなく真ん中だけだから問題ないといえば問題ないんですが。


talex-3レンズホルダーを使って、射撃メガネにアイリスシャッターと一緒に取り付けてみました。レンズの「ふくらみ」が干渉しないように表裏を工夫する必要はありましたがとりあえず問題なく固定できました。



色合いといい能書きといい、いかにも「くっきり見えそう」な雰囲気はありますが、果たして効果のほどはいかに。

それが正しかったか間違っていたか、時が教えてくれる。そう、グロックのように。【海外の反応】

2018.3.16 金曜日

walther-lp500-meister-manufaktur

ワルサーの新型エアピストル、LP500……これは最上位モデルの「Walther LP500 Meister Manufaktur」です。以前から「スパイ画像」的なものは少しずつ表に出てはいましたが、正式な形として発表されたのはつい先日のIWAが初だと思います。

現在、エアピストル競技の世界において主に使われているのは「プリチャージ式」と呼ばれる方式のものです。圧縮空気式とも呼びますが、銃身下にある太い筒=エアシリンダーの中に空気を超高圧で詰め込み、そこから少しずつ高圧ガスを取り出して弾の発射に使うというものです。
続きを読む »

射撃に年齢制限ってあるの?【海外の反応】

2018.3.14 水曜日

国内の大会でも60年代生まれ・70年代生まれ・80年代生まれが3人並んでファイナルを撃つなんてことがしょっちゅう起きるくらいには、射撃ってのは競技者の年齢幅が広いスポーツです。
参考:平成23年度全日本ライフル射撃選手権大会

特に最近は、低年齢層の育成に力を入れてきた成果が出てきたのか普通に高校生とか大学生くらいの子達が全国大会や選手権なんかで上位に入ってくるのが「当たり前」な感じになってきています。昨年のことですが、ジュニア大会で中学生がエアピストルで560点撃ってたりして驚かされたりもしました。
続きを読む »

モリーニの新型エアピストル「CM200 EI」【海外の反応】

2018.3.11 日曜日

ドイツで開催中のIWA2018。銃砲関連の新製品などが一挙に公開されることが多い展覧会(兼即売会)です。アメリカで年始に開催されるSHOT SHOWとも似ていますが、競技射撃関連の出展はIWAのほうがはるかに多く、実際に新製品発表のタイミングとして選ばれることも多いので競技シューターとしては見逃せないものがあります。

既にいくつか興味深いニュースが入ってきていますが、その中でも多くの注目を集めているのが、モリーニの新型エアピストルについてです。四半世紀もほとんど形も構造も変えずに、世界の競技シーンで第一線で活躍し続けている「生きて元気に動いてる化石」みたいな存在であるモリーニCM162EIに、ついにまともな後継機種が登場するというのですから、世界各国で注目を集めているようです。

日本の競技専門ガンショップ「ライフルショップエニス」さんのFacebookやTwitterにもいろいろと情報がアップされていまして、先日長瀞で開催された全国ピストルでも話題にしている方が多かったモリーニの新型。

続きを読む »


 

サイト内検索


ここ1週間の人気記事

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近のコメント

リンク

カテゴリー