次回のピンポイントシューティング・予定

※この記事は常にトップに表示されます。最新記事はこの下にあります。

hitasura-b-mms「あきゅらぼ」主催のエアガン射撃大会の予定をお知らせします。

10月28日の土曜日、新宿MMSにて「ひたすらブルズアイ」を開催します。開始時刻は夜の5:00です。


続きを読む

ひたすらブルズアイin新宿MMS (2017.6)

2017.7.1 土曜日

20170617-mms土曜の夜からスタートの「ひたすらブルズアイin新宿MMS」、第2回も無事開催できました。ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。
※協賛:マルゼンノーベルアームズ
協力:新宿MMS

まだUPしてないことに気づいて慌てて書いたエントリーになります。先月の半ば、17日土曜の夜に新宿にあるインドアゲームフィールド「MMS」の一角をお借りして開催した「ひたすらブルズアイ」の結果をお送りします。
続きを読む »

電子標的って明るすぎない?【海外の反応】

2017.7.1 土曜日
higasinihon-07電子標的は、これまで普通に使われていた紙標的よりも「妙に眩しく見える」と言われています……特に年寄り射手に。若い子だと気にならない人も多いようなんですが。


精密射撃というスポーツは、紙製の標的を定められた距離に設置してそれを狙って撃って、どれだけ中心に近い部分に弾が当たったかで点数を付けて競うものです。けれど今の公式なルールでは「電子標的」といって、弾が通過した場所を音や光など使ったセンサーで正確に測定するタイプの標的が主流になりつつあります。少なくても全国大会や国際大会などではほぼ100%が電子標的です。
続きを読む »

日本が世界大会で3連続メダルなのに報道は皆無【海外の反応】

2017.6.17 土曜日
ISSF World Cup Rifle/Pistol 2017 - Gabala, AZE - Final 10m Air Pistol Men2017年6月11日、アゼルバイジャンのガバラで開催されたISSFワールドカップ第6ステージにて銀メダルを獲得した松田知幸。机には、中継で松田選手を写すためだけの専用カメラが備え付けられている。他選手にはない。「松田専用カメラ」である(写真はISSF公式サイトより)

アメリカでの自動車レースで日本人の元F1ドライバーが優勝した時、「快挙なのに日本ではほとんど報道がない!」って憤慨してる人がけっこういました。日本開催の飛行機レースで日本人が優勝したときも、「快挙なのに、同イベントでお披露目されたゼロ戦の飛行のほうばっかり話題になってて歯がゆい」みたいなことを言ってる人もいました。

せっかく日本人が世界の舞台で活躍しているのに、マイナースポーツだとあまり報道されない、ってのは良くある話です。憤慨する気持ちは良くわかります。けれど上の2例に勝るとも劣らない記録を更新中なのに、上の2例より遥かに徹底的に日本のメディアでは黙殺されている「快挙」があります。ISSFワールドカップの10mピストル競技において、3大会連続でメダルを獲得している松田知幸選手の活躍です。

少なくても現時点ではYahooニュースを「松田知幸」で検索してみても、昨年夏のオリンピック直前特集が一つヒットするだけ。日本ライフル射撃協会のサイトで少しだけ速報と写真が掲載されているのがせめてもの救いです。

なので当ブログでは、ISSF公式サイトに掲載されているニュースとリザルト、そしてYoutubeにアップされているISSF公式動画を元にこのニュースをお伝えしたいと思います。

●文中、ところどころ敬称略で失礼します
続きを読む »

2017年6月・ひたすらシリーズin赤羽

2017.6.13 火曜日

201706-akabane※協賛:マルゼンノーベルアームズ
協力:赤羽フロンティア

先週はいろいろあってUPが遅くなりましたが、6/4に赤羽フロンティアビル2F射撃場で開催した「ひたすらシリーズ」の結果をお送りします。
Twitterで実況中継的に結果をUPしていたので、なんかすっかり「もう済んだ」感がありましたが、実はブログの方に記事をUPしてなかったことに気づいて慌てて更新です。1週間前の話なので細かい部分が記憶のかなたですが、初参加の方がいらっしゃったこと、その方がひたすらシルエットでは凄いうまかったこと、練習だとシルエット8mはほぼ確実にヒットできてた人が本番ではちょっと違っていたことなんかを覚えています。

続きを読む »

マルゼンAPS-3用フルアジャスタブルトリガー【製品レビュー】

2017.6.1 木曜日

maruzen-aps3-trigger-06根本がボールジョイントとなっていて3D的に角度を変更できる(ただし動かせない方向もある)フルアジャスタブルトリガー。登場した当初から当ブログでは「トリガーの角度を変えるのは良くない、だからこのトリガーは利点どころか弊害が大きい」みたいなことを繰り返し書いてきた、言ってしまえばいわくつきのパーツだったりします。

6月に赤羽・新宿の両方で開催予定の「ひたすらシリーズ」への協賛品として、マルゼンさんより「APS-3用のフルアジャスタブルトリガー」をいただきました。ありがとうございます。せっかくですのでレビュー記事を掲載したいと思います……が、このトリガーについては2015年のAPSカップ会場で発表された当初から、「ちょっとこれは、精密射撃用の銃に付けるトリガーとしてはいかがなものだろうか」的なことを当ブログでは書いてきたという事情があります。正直言うと、「最初から疑いの目がある」状態です。製品を協賛品としてご提供いただいた以上、基本的には感謝の気持ちを持ってレビューしなきゃならんのですが、元の立ち位置が上記のような状態ですから、もう板挟みもいいところです。今回のエントリー読む方には、そこらへんの筆者の苦悩をすこし慮っていただけると助かります。
 

maruzen-aps3-trigger-03APS-3用フルアジャスタブルトリガー。定価5,000円(税抜)。現在はAmazonでの販売ページを含め、各ショップでも「品切れ、再入荷未定」になっているレアパーツです。当然ですがJASG認定パーツですので、交換してもノーマルパーツ比率規定には影響しません。


続きを読む »

 

サイト内検索


プロフィール

 
池上ヒロシ
各種雑誌にてライターをやっています。
銃器の構造、歴史、射撃技術などが得意分野です。メインフィールドはピストルを使った精密射撃です。
 
ご意見・ご感想はこちら
 
仕事のご依頼は上のメールフォームからお願いします。 

 

ここ1週間の人気記事

   

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近のコメント

カテゴリー