次回のピンポイントシューティング・予定

※この記事は常にトップに表示されます。最新記事はこの下にあります。

hitasura-b-mms「あきゅらぼ」主催のエアガン射撃大会の予定をお知らせします。

APS本大会の興奮がまださめやらぬであろう7月29日の土曜日に、新宿MMSにて「ひたすらブルズアイ」を開催します。開始時刻は夜の5:00です。


続きを読む

東京マルイの新製品・アクセサリー編【第56回 静岡ホビーショー】

2017.5.12 金曜日

02-microdot-03第56回 静岡ホビーショーでの東京マルイの新製品、続いてアクセサリー関連です。個人的に大注目なのがこの【マイクロドットサイト」です。

今回のホビーショーでは、銃本体以外にもいろいろなアクセサリー類の新製品が発表されました。その中でも、注目なのが……実際、デカ広報氏も本人はSGR-12の前に縛り付けられてたような状態だったのにもかかわらず、「自分としては注目してほしいのがそこにあるマイクロドットサイトです!」と何度も訴えていたくらいです。

展示されていたのはモックアップで、点灯して覗くどころかレンズすら入っていないような状態でしたが、それでもいろいろと情報をうかがい知ることはできます。

続きを読む »

東京マルイの新製品・エアガン編【第56回 静岡ホビーショー】

2017.5.12 金曜日

00-main-1毎年この時期に静岡ツインメッセで開催される、日本最大の模型展示会「静岡ホビーショー」に行ってきました。

模型の街、静岡で開催される巨大展示会「静岡ホビーショー」。エアガン業界からは東京マルイとクラウンの2社のみの参加な上に、最近は東京マルイも「本邦初公開情報」はホビーショーではなく秋葉原で開催する自社イベントでの発表を重視していたりする傾向があり、エアガン最新情報だけが目的だと少しガッカリ目な結果になりかねませんが……。それでも最大規模のイベントである以上、東京マルイもそれなりに力を入れてくれていますし、他にはバンダイ、タミヤ模型、ハセガワといった模型界のそうそうたるメンバーに加えて数多くのメーカーが集まりここぞとばかりに「初公開情報」を発表したりするので目が離せません。

当ブログは銃ブログですので、基本、銃に関連したグッズを中心にいろいろと紹介していきたいと思いますが、管理人の趣味によって少々別系統の情報も交じる可能性があります。まずは真面目(?)に、東京マルイの新製品からエアガン関連に限って紹介していきます。
 

00-main-2東京マルイのブースです。巨大なスクリーンに新製品のプロモビデオを流し、その前では「デカ広報」さんが立ちっぱなしで新製品のアピール。手前には新製品とその解説をするスタッフがずらりと並び、数多くの製品を空撃ちできるサンプルが並んだ山が林立しています。スクリーン背後には無料でBB弾を実射できるシューティング体験レンジもあります。


続きを読む »

モリーニCM162E、ボルト&ストライカー周りの分解

2017.5.9 火曜日
morini-00ほとんどノーメンテで十数年も使い続けて、ほぼノートラブルだったモリーニCM162Eですが、ついにガタが来ました。致命的なことになる前に、まずは自分でメンテのために分解してみます。

もともとモリーニはコッキングが少し固い傾向はあるのですが、最近はそれに輪をかけてコッキングが固いなあと感じることが多くなってきました。とか思ってたらますます顕著になってきて、先日なんかは試合後半になると手のひらの皮が剥けるくらいの渾身の力で引かないと最後までレバーを起こせないほどに。これはいかんと、意を決して分解して整備をしてみることにしました。

続きを読む »

ひたすらブルズアイ in 新宿MMS (2017.05)

2017.5.8 月曜日

201705-hitasura-mms-01新宿にあるインドアサバイバルゲームフィールド「MMS」にて初開催となる「ひたすらブルズアイ」。フィールド内ではなく、5mがギリギリ撃てる(幅はそれなりにある)レンジをお借りしての開催です。
※協賛:マルゼンノーベルアームズ
協力:新宿MMS

この新宿MMSには「APS部」と呼ばれる方々がいらっしゃって、APSカップ・ルールでの練習会だけでなく、「あきゅらぼオリジナル・ブルズアイターゲット」を使っての「ひたブル」なんかも普段から練習されているという噂を聞いていました。そんな、彼らにとってはホームタウンとなるシューティングレンジに、強引に乗り込んでいって開催させていただくわけです。きっと手強い相手がいるに違いありません。 続きを読む »

マルゼン純正・APS-3用ウッドグリップ(左用)【製品レビュー】

2017.5.5 金曜日

aps3-woodgrip-lマルゼン純正、APS-3専用の木製グリップです。公式サイトにあるカタログによると右用・左用の2種類があって、両方とも定価は15,540円とのこと。LE2015に付いてくる「アナトミカル・ウッドグリップ」とは価格や仕様などが少し違いますので、どうやら別の製品のようです。

左利きの人は、日常で使う道具から趣味の用品に至るまでいろいろなところで不便を感じることが多いと聞きます。特に右用と左用で完全に形が違うスポーツ用品では、選択肢は少なくなり価格も高くなるため、「左利きである」というだけでスポーツを始める前から大きなハンデを背負ってしまうような状態なのだとか。

ただ、価格が高くても選択肢が少なくても、「選ぶことができる製品」が存在しているというだけで、選択肢そのものが存在しない状況よりずっとマシです。APS-3の左利き用グリップは、「選択肢が存在していないに近い状態」が長らく続いています。マルゼン純正部品としてはいちおうカタログには載っているのですが、Amazonや楽天やエアガンショップのWebサイトを見て回っても、そんなものは掲載されていないか、掲載されていたとしても「品切れ・入荷待ち」になっているかのどちらかです。ホビーショップフロンティアではオリジナル商品として、サムレスト部分を付け替えることで左右両対応するアイデア商品がラインナップにありますが、それもこの記事を書いている時点では品切れ中です。

そんなレア製品である「左用グリップ」ですが、2017年GWの「ひたすらシリーズ」連続開催週間用として、マルゼンさんより協賛品のご提供をいただきました。今週末(5/7)に新宿MMSにて初開催される「ひたすらブルズアイ」で参加賞品になります。抽選で、番号を呼ばれた方から順番に「自分が欲しい賞品」を選んで持っていく形になっていますので、誰でも目玉賞品をゲットできる可能性がありますよ!

さて、賞品として旅立ってしまう前に、とりあえず写真撮影とノーマルグリップとの比較をしてみたいと思います。

続きを読む »

 

サイト内検索


プロフィール

 
池上ヒロシ
各種雑誌にてライターをやっています。
銃器の構造、歴史、射撃技術などが得意分野です。メインフィールドはピストルを使った精密射撃です。
 
ご意見・ご感想はこちら
 
仕事のご依頼は上のメールフォームからお願いします。 

 

ここ1週間の人気記事

   

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近のコメント

カテゴリー