ノーベルアームズ:PINPOINT VD21詳細レポート(前編)


以前から、ピンポイントシューティング用の賞品として毎回相当に高価な製品をご提供いただいているノーベルアームズ様ですが、あまりに高価なためついつい出し惜しみをしてしまっていました。といっても提供いただいたままずっと自分の手元に置いておくなんてのもモラル的に褒められたことじゃありませんので、次回(4月3日)の赤羽ピンポイントシューティングにて賞品として出します。その前に詳細なレポートをお届けします。


製品スペック
ノーベルアームズ PIN POINT VD21
1×33mm バリアブルドットビルトインマウント
価格:¥8,900-(税込¥9,345-)
倍率:1倍
全長:82mm
重量:115g

●ドットサイトの選び方

ノーベルアームズは、世界的にも評価が高かった日本の光学機器メーカー「ハッコー」が企業活動を停止した後、製造部門のみが独立するかたちで誕生したメーカーだ。だからメーカーとしての歴史はそれほど長いわけではないが光学機器製造の技術やノウハウについては、有象無象の「軍用サイトに似た形のパチモノ」を売ってるようなメーカーとは一線を画している。ノーベルアームズ製のスコープは、実銃でライフル射撃を行っているような人達にとっても、価格が数十倍もするような本格的なスコープ(シュミット&ベンダーとかリューポルドとか)と真面目に購入する際に比較対象として検討されるくらいのクオリティを持っている。

「スコープ」という道具はけっこう歴史が長く、どういった形でどういったレンズを使ってどういう寸法で組み合わせれば、どんな性能が発揮されるのかがだいたい分かっている世界なので、値段の差はレンズのコーティングとか、ボディの表面仕上げだとか、レティクル調整部分に使われている部品の精度だとか、そこらへんに現れる程度で、ぶっちゃけエアガンで使う範囲においては1000円とか2000円とかで売ってる激安のスコープと、数万円~数十万円するような本格的なスコープとでは致命的な性能の差といえるほどのものはない。とりあえず銃に固定して、目標を狙うと拡大されて見えて、ウインデージ・エレベーションノブを回すと一定の間隔でレティクルが動く、という最低限の機能は(よほど運が悪くないかぎり)備えている。

だがドットサイトとなると話が違う。それほど歴史が長いわけでもなく、また形も様々なので、「こういった形で作っておけばとりあえず問題ない」という定番めいたものが確立されていないのだ。キッチリと設計して試作を繰り返して納得のいく性能を持った製品を完成させるメーカーの製品ならもちろん問題ないが、問題はそうやって作られた製品を「真似」して作るところ。光学的な設計についての専門知識がないメーカーが適当に形だけでっち上げたようなドットサイトだと、サイトとしての最低限の機能すら備えていないものが珍しくない。具体的には「ドットがいくら調節しても中央に行かない」、「そもそも調整機能が付いていない、付いているように見えて全く機能しない」、「断線していてドットが点灯しない」、「ドットが擬似的に投影されている距離が極端に近くて照準機器としての役に立たない」といった事例だ。「スコープに比べてドットサイトは、安物買いの銭失いになるリスクがかなり高い製品なのだ。

ノーベルアームズ製のドットサイトも、いわゆる「軍でも採用されている本格派ドットサイト」のデザインを真似たものが多いのは事実。メーカー名をはっきり書くと、「Aimpointのパチモノ」と言ってしまってもきっと誰も怒らないと思われるデザインの製品が並んでいる。しかしそこは経験のある光学機器メーカーだけあって、単に形を真似ただけのものでは決して無い。比較的安価に手に入る割にはしっかりと照準機器としての機能を備えており、仕上げの良さや精度の高さについては、値段が数倍もするようなサイトと比べても決して引けを取らない。

驚いたことにノーベルアームズはAimpointの日本国内正規代理店でもある。パチモノを作っているメーカーと正規代理店契約を結ぶ、なんてことは普通に考えたらありえないことだ。Aimpoint的にはノーベルアームズが作っている「自社製品に似た形のドットサイト」を、形を真似たパチモノではなく、玩具銃向けということで価格を下げた廉価版であるというような解釈をしたのだろうか。「本家Aimpointも認めた安心の品質」みたいなコピーを付けて売りだしてもいいんじゃないか、なんてことを外野の無責任な立場では思ってしまったりする。

●ノーベルアームズ「PINPOINTシリーズ」の特徴

そういう政治的なことはさておき、ノーベルアームズ製のドットサイト自体について見ていこう。製品ラインナップは大きく分けて4種類ある。Aimpoint製品に「似た」形をしている「COMBATシリーズ」と、ACOGなどの軍用サイトに似ている「SURE HITシリーズ」、超コンパクトサイズの「TINY DOT」、そして今回賞品として提供していただいたVD21を含む「PIN POINTシリーズ」だ。

PIN POINTシリーズの特徴は、ドットの大きさ、あるいは形を変更する機能を備えていることだ。ドットの大きさを変更できるのが「VD21」、形を変更できるのが「MR02」。ターゲットの大きさや形に合わせてドットを変更するなんていう機能は、例えば撃ち合いをしていていつどこからどんなターゲットが現れるか分からないような状況では使い道がない。あらかじめどんな距離で、どんな形・大きさをしたターゲットを撃つのかが分かっている状況、具体的には競技射撃の世界において初めて役に立つ機能と言えるだろう。

ドットの大きさを調節するダイヤルは、サイトの後部、射手に向いた方に付けられている。射撃中でも比較的容易に調節が可能で、構えた状態でも現在どの大きさのドットにしてあるかが一目で分かるようなレイアウトになっている。全部で4段階の調節が可能だ。

ドットの大きさの調節とは別に、ドットの明るさを調節することもできる。明るさの調節ダイヤルは電池ケースとON/OFFスイッチを兼ねている。一番暗い「1」から最も明るい「7」まで、全部で7段階の明るさ調節ができる。

「ドットの明るさを調節するダイヤル」と、「ドットの大きさを調節するダイヤル」の2種類があるという点が、この製品を購入したユーザーを戸惑わせることとなる例が多いようだ。マニュアルは英語のものが付属するが、VDとMR共通のものなのでそこらへんの説明はざっくりと削られている。

具体的に、点灯させてみるとどういうふうに見えるのかを例示しながら説明していこう。左は、明るさを最低の「1」に合わせた状態で、ドットの大きさを最小の「1」にしたものと、最大の「4」にしたものを並べてみたところだ。明るさ自体は変わらず、ドットの大きさが変化しているのが分かる。

こちらは、明るさを最大の「7」にして、同じくドットの大きさを「1」と「4」に合わせたもの。明るさをアップさせると、レンズやCCDや、肉眼で見ている場合も網膜とかそこらへんの働きの影響でドットの大きさがにじんで大きくなったように見えてしまうので、ユーザーを混乱させる原因になりやすいのだが、上と比べてあくまで「ドットの大きさは変わらず、明るさだけがアップしている」のだということを理解してほしい。

明るさを中間位置の「4」に合わせ、ドットの大きさだけを4段階に調節してみたところ。明るさが変わらず、ドットのサイズだけが変化しているのが分かりやすい。

精密な射撃をしたければドットは小さければ小さいほどいいのか? 必ずしもそうとは限らない。極小の、文字通り「点」にしか見えないドットをターゲットの中心に合わせるより、ある程度の大きさがあるドットを中心に置いて、円形のターゲットと同心円状になるように合わせたほうが狙いやすい場合もあるだろう。スピード系のシューティングなどで、一瞬でも早くドットを見つけ出したい場合なども、ある程度の大きさがあったほうが使い勝手はいいはずだ。一方で、ドットがターゲットよりも大きく見えてしまい、ターゲットを覆い隠してしまうようだと、これはもうどうしようもない。全く狙えない。遠くにある小さい円形をしていないターゲット、具体的にはAPSカップにおけるシルエット競技などでは、針で突いたように小さいドットのありがたみは非常に大きくなる。

だがそれも、投影されているドットがきれいな円形をしていることが第一条件だ。縦長に滲んでいたり、複数に分裂していたりするようでは精密な照準もなにもあったものではない。上の写真を見ればわかるとおり、VD21のドットはどの設定にしても見事な円形をしている。カメラのピントが合っていなくてピンボケして丸く見えているわけではない。フォーカスをマニュアルに設定して最もドットの形がクッキリする位置で撮影している。乱反射によるゴーストみたいなものが少し写っているが、これは肉眼で見てもまったく判別が付かないので、おそらくカメラのレンズの中で発生しているものなのではないかと思われる。

●電池の収納方法

使用する電池はCR2032を一つ(写真では2つ写っているが、2個セットのものしか売ってなかったので)。明るさ調節ダイヤルの上部がフタになっていて、それをコインなどを使って回して外すと収納部分が現れる。

このフタの開け閉めは少々厄介だ。なんといっても回転するダイヤルの上にネジでフタがしてあるわけだから、普通に回そうとするとフタが開くより前にダイヤルそのものが回ってしまう。ダイヤルを指で固定しつつ、フタだけを回転させる必要があり、それなりに器用さが必要になる。まあ、ここは何度も開け閉めするような場所でもないのでそれほど問題にはならないだろう。

後部(射手側)にある盛り上がった部分が、LEDとミラーを収めているハウジングだ。スイッチを入れるとその奥まったところが小さく点灯するのが見える。この光がレンズに反射して射手に見えるという仕組みだ。

レポートの前編はここまで。調節方法やドットサイトを精密射撃に使う上での注意点などは後編にて。

最初に書いたとおり、このドットサイトは4月3日の赤羽ピンポイントシューティングにて賞品として提供します。




にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへにほんブログ村 その他スポーツブログへにほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ

2 Responses to ノーベルアームズ:PINPOINT VD21詳細レポート(前編)

  1. ぱんだ

    参考になりました。ノーベルアームズはAimpointの日本国内正規代理店なんですねぇ。
    ところでPINPOINTのサイトはエラい青色ですけど画面見づらくないですか?

  2. 池上ヒロシ

    ぱんだ さん
    コメントありがとうございます。

    そうですね、ドットサイトの場合どうしてもレンズに色は付きますが、その中でもけっこう青みは強い方だと思います。ただドットサイトでの照準はレンズの中だけを見て行なうのではなく、両目を開けて標的を見てそこに光点をあわせるわけですから、極端な話「レンズの先が塞がれていて真っ暗でも」ちゃんと照準はできます。実際、初期のドットサイト(コリメーターサイト)はそういう形式のものでした。

    ただ、これがスコープだと話は別です。スコープはレンズ内で見える像がすべてですから、色が見て分かるレベルで変わっちゃってたらお話になりません。

 

サイト内検索


ここ1週間の人気記事

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近のコメント

リンク

カテゴリー