ピストル射撃競技メインのサイト

あきゅらぼ Accu-Lab

エアガン、サバゲ トイガン射撃 製品レビュー

マルゼン・ワルサーP99 FS

更新日:

fixd-walther-p99-0ドイツ・ワルサー社製のポリマーフレームオート「P99」のフィクスト(固定)スライドガスガン。ブローバックはしない、トリガーを引くことでバスバスバスと弾を撃つタイプのガスガンだ。

今ではもう、オートマチックハンドガンといったらそのほとんどがポリマーフレームになっている。歴史あるメーカーから新しく発売されるオートも、フレームが昔のように金属製であることはほとんどない。見た目的にはどれも似たような感じになってしまった……が、細かい部分を見ると各社それぞれ個性はある。ブームの火付け役となったグロックはとにかく「シンプルに、操作する部分を少なく」というのが際立った特徴だ。スプリングフィールドやSIG SAUERは、従来の金属フレームのオートと大きく変わらない操作性を持たせることを主軸としているように見える。S&Wはしばらく迷走していたが、最新作のM&Pでは既に存在している他社製品の良いところを全部取り込んだ決定版的な味付けになっている。

日本において「拳銃のメーカー名」ということではおそらくもっとも知名度があるんじゃないかと思われるワルサー社のポリマーフレームオートがP99だ。発売されたのは1996年、もう20年以上も前のことなので「最新作」なんて単語を付けて呼ぶのは違和感がある製品になってしまっている。

ワルサーP99のデザインは、グロック等に比べると「ボタンやレバー類が多く、ギミック感あたっぷり」という印象を受ける。左右両方から操作できるマガジンキャッチや、交換可能なグリップのバックストラップ、ストライカーを安全に前進位置に移動させるためのデコッカーなど、小さいボディのなかにいろいろとややこしい機能が詰め込まれている。それぞれのボタンやレバー類はきちんと役割があり、理にかなった配置になっているのできちんと役割を理解して操作に慣れれば自然に取り扱うことができるのだが、「何も知らない人にいきなり渡していきなり使える」というタイプの銃ではないことは確かである。

そんなギミックたっぷりのハンドガンを、マルゼンから発売されているガスブローバックでは、ほぼ完璧にその全てを再現している。もちろん、形状や刻印なども実銃そのままである。それもそのはず、マルゼンとワルサー社は関わりが深く(詳しいことを書こうとすると間違いを書いてしまいそうなので省略)、P99ガスガンの発売にあたっては実銃の図面など詳細なデータが提供され、「実銃の、日本向けガスガン仕様」としての位置づけの製品だったのだという。素材の制限や内部スペースの余裕のなさなど数々の制約があっただろうことは想像に難くないが、デコッカーの操作やインジケーターの機能など細かい部分をよくあそこまで再現したものだと驚くばかりだ。

今回紹介する製品はガスブローバックではなく、射撃時にスライドが動かない「フィクスト・スライド」のモデルである。ブローバック作動という「実銃のギミック」が省略されているのに伴い、それに関係する様々な操作系、デコッカーだとかスライドストップといった多くのレバー類がその存在意義を失い、全く動かないダミーとなっているのは残念だが、そのかわり値段が大幅に安くなっている。マガジンにチャージしたガスをBB弾の発射だけに使用し、ブローバック作動には使わないため撃てる弾数も多く、また寒さにも強くなるなど利点も多い。
 

なお余談だが、「固定スライド」を英語で表記すると「Fixed Slide」になる。この銃の製品名もそうなっている。アルファベットをそのまま素直にカタカナで表記すると「フィクスド・スライド」となるので、レビューサイトや雑誌記事、さらには製品名でもそう書かれていることが少なくない。しかし「Fixed」の発音では最後のdは濁らないので、あえてカタカナ表記するなら「フィクスト」となる。駆け出しライターだったころには何度か原稿を直されたものだった。たかが発音のことで世間で一般的となりつつある表記と違うやりかたを押し通すのも大人げないとは思うのだけれど、新人だった私にライターとしてのイロハを叩き込んでくれた故・坂田編集長と稲垣さんに敬意を表するという意味で、ここだけは貫き通させてほしい。

-エアガン、サバゲ, トイガン射撃, 製品レビュー

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.