エアガン、サバゲ サバイバルゲーム トイガン射撃 製品レビュー

ノーベルアームズ・VSR-10用マウント(ピカティニー仕様)

投稿日:

vsr-10-mount-01
メーカー純正を含め、パーツメーカーからも何種類か発売されていた東京マルイ製VSR-10用のマウントレールに、スコープメーカーであるノーベルアームズ製のものが加わる。これまでのものとは何が違うのか?

「ボルトアクション型のエアーコッキングライフル」という、そこそこ大きなカテゴリーの中では、ここ十数年間で他機種を大きく引き離す大ベストセラーになっているVSR-10。その使用目的は(統計を取れば「特に目的のないお座敷シューティング」が多数になるのだろうけれど)基本的には「サバイバルゲームにおける、スナイパーライフル」というのがメインになると思われる。

サバイバルゲームでスナイパーをやるなら、スコープが必要だ。銃にスコープを取り付けるには、銃とスコープの他に「銃に対応したマウントレール」と「銃のマウントレールと、スコープの両方に対応したマウントリング」の2つが必要になる。マウントレールとマウントリングの間の規格は、少なくても現在ではほぼ1種類、「ピカティニーレール」とか「20mmレール」と呼ばれているものに統一されているといっていいだろう。

だがここで、ちょっとした罠が待ち構えている。VSR-10用として東京マルイから発売されている純正のマウントレール(Gスペックには最初から付属する)は、ピカティニーレールの規格からは少し外れた独自のサイズになっているのだ。

外れている、といってもそれほど大きな違いではない。実際、市販されている「20mmレール用マウントリング」の多くはVSR-10用マウントレールにそのまま問題なく取り付けることができる。

しかしマウントリング側が、より強固にガタなく取り付けるためにピカティニーレールにしっかりと沿った規格で作られていたりすると、VSR-10用の純正マウントには取り付けられなくなる。レール間の幅や深さが、規格で定められた数値よりもかなり小さめになっていることが理由だ。

参考(当サイトの他記事へのリンク):ノーベルアームズ・新型マウントリング

PDI(X-Fire)やライラクスといったパーツメーカーからも、VSR-10用のマウントベースは発売されている。こちらはしっかりとしたピカティニー規格で作られているので上記のような問題はないが、ときおり入荷未定になって手に入りづらくなるのと、価格が4000円近くと、純正より少しだけ高くなってしまうのが難点だった。

「しっかりしたピカティニー規格に沿ったマウントリングを作ったのだから、同じくしっかりとしたピカティニー規格のマウントベースも作ろう」ということで、ノーベルアームズからVSR-10用のピカティニー規格マウントベースが発売になった。価格は2,200円と、「純正ではないカスタムパーツ」という位置づけの製品としてはずいぶんとお求めやすい価格になっているのが嬉しい。
 

vsr-10-mount-03VSR-10用マウントベース
(ピカティニー仕様)
・メーカー:ノーベルアームズ
・全長:137mm
・重量:33g
・価格:¥2,200(税別)


ノーベルアームズ公式ブログ「“VSR-10 Mount Base Picatinny仕様”新入荷のご案内」

-エアガン、サバゲ, サバイバルゲーム, トイガン射撃, 製品レビュー

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.