実銃射撃 海外の反応シリーズ

オリンピック三連覇の秦鍾午って、どのくらい凄いの?【海外の反応】

投稿日:2016年8月17日 更新日:

g-01b50mピストルで前人未到のオリンピック三連覇を成し遂げたJIN Jong-Oh(秦鍾午)。お世辞にも「イケメン」とは言いづらいのは確かですが、顔とかそういうのは関係なく、偉大なピストル選手であることは間違いありません。
※写真はNHK特設サイトの見逃し配信動画より引用。

「最下位になってから、6人ごぼう抜きでの大逆転優勝」という、とんでもなくドラマチックな展開を見せた50mピストルのファイナル。その主役となった韓国のJIN Jong-Oh、韓国でもさぞかし熱狂的に盛り上がって英雄扱いされているんだろうと思うのですが、こと韓国関係のことについては実に熱心に翻訳紹介してくれている日本のサイト(いわゆるコリアウォッチ系ブログ)でも、この人の名前をあまり見かけません。

単にニュースバリューが無くて紹介されていないだけなのか、射撃は実は韓国でもマイナー競技で金メダル取ろうが取るまいが全く盛り上がってないのか、どっちなのかは分かりませんが……。

 

2016rio-50mpistol-men-final参考までに、2016リオ五輪50mピストルファイナルでの得点推移をグラフにしてみたものを再掲します。真ん中あたりで大ポカをやって最下位に沈んだ後、6人をごぼう抜きしてトップまで上り詰めている赤い線が韓国のJIN Jong-Ohです。

世界各国の射撃フリークが集まるTargetTalkという掲示板(提供しているのはアメリカの銃砲店)では、「オリンピック3連続での金メダル」という偉業は、当たり前のことですが賞賛と尊敬を持って迎えられていました。そして面白いことに、そこから更に話が盛り上がって、「過去に存在した偉大なピストル選手」や、「ピストル選手に限らず、ありとあらゆる偉大な射撃選手」との比較なんていう、けっこう無茶な話題にまで発展していました。

もっとも話を振った側も、その議論で勝ち負けを決めようとかいうのではなく、「ディベートを楽しむための題材」として割り切っており、またその議論に乗った側もそれは十分にわきまえているようで、2ちゃんとかでありがちな見るに耐えない泥沼の罵り合いみたいなことにはならず、読んでいて十分に面白いやりとりになっていました。ちょっとだけ抜粋して翻訳してみたいと思います。

-実銃射撃, 海外の反応シリーズ

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.