実銃射撃 射撃のコツ 海外の反応シリーズ

韓国の人に学ぶピストル射撃 その6「フォロースルー」【海外の反応】

投稿日:2016年8月5日 更新日:

ASC(ASIAN SHOOTING CONFEDERATION)提供の「基礎から学ぶピストル射撃」動画について、私のショボいヒアリング能力で聞き取れた範囲で内容の簡単な紹介と、一般的な「ピストル教本」とのちょっとした違いについて解説していきたいと思います。

いちおう、この「フォロースルー」で最終回ということのようです。さすがにフォロースルーだけで1回分の尺は埋まらなかったようで、後半の数分は前回(トリガープル)で言ったことの繰り返しになっています。

今回の見どころは、「着弾が散るとき、その原因として予想されるのは何か?」ってところです。以前、TargetTalkから引用したピストル射撃の診断チャート(どういう理由でどっちに外れるかのチャート)がありましたが、それの韓国版ってところですね。前回の診断チャートは、「これ、なんか違わないか?」みたいな内容がところどころに混ざってて、コメントでも疑問を感じてる人がちらほらいたりしましたが、韓国版の診断チャートはどのくらい信用できるものなのでしょうか?

Part.7 フォロースルー(Follow through)

※以下、画像は上記動画内より引用(あきゅらぼロゴが入っているものを除く)

フォロースルーとは、トリガーを引いたあとも1~2秒間銃をターゲットに向けたままにしておくこと

asc-7-1

上の図で緑で示したのが、「呼吸」「筋肉のリラックス」「照準」
赤が、「トリガーを引くこと」
青が、「呼吸」「筋肉のリラックス」「照準」「トリガーを引くこと」(全ての統合)
射撃プロセスにおいて、撃発の前と後が対等な関係になるようにする
これは、射手は自らの銃を、撃発の後も少しの間、保持したままにしなければならないという意味である

射撃プロセスとは下記のようなものである
・インターバル
・呼吸
・筋肉のリラックス
・照準
・撃発

これを行っている間、射手はリコイルを感じ、そして弾着がどこになったかを見積もらなければならない

※以前書いた「コール」のことですね

撃発を行ったその時には、フォロースルーに移行している必要がある

ごく限られたトップレベルの射手でもなければ、フォロースルーをいちいち練習する必要などないと思われがちである
多くの射手は、弾が銃から離れ、銃身が空になるまで銃を保持していれば、それで良いと考える
しかしフォロースルーは、(一部のトップシューターだけでなく)多くに関係のあることである
経験豊富な射手は、反動が発生してそれが終わった後まで、自分の射撃がどういうものだったのかを解析し分析しようと集中を続ける
射手は、リコイルの感触と方向を正確に感じ取ることで、弾がターゲットのどちらの方向に当たったかを「分単位」で予測することが可能である
 

asc-7-2※ここでいう「分」というのは時間ではなく角度のことです。図のようにターゲットを時計板と見なして、中心から見た方向を「9時方向の8点くらい」という具合に表現するのですが、それを「9時20分方向の8点」という細かいレベルで予測できる、って意味だと思います。……いくらなんでもそんな。

撃発時の銃口の動きには、毎回ほんのわずかな差が生じる
射手はそのことを認識しなければならない
それは、次の射撃を修正するために必要なことである
「自己認識を元にした射撃の修正」を行うためには、一つ一つの射撃に対して慎重な分析が行われていることが必要である
その「慎重な分析」とは、フォロースルーが行われている時間内に発生するものである

-実銃射撃, 射撃のコツ, 海外の反応シリーズ

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.