実銃射撃 射撃のコツ 海外の反応シリーズ

韓国の人に学ぶピストル射撃の基礎その1「姿勢」【海外の反応】

投稿日:

先日、Twitterにリンクを貼ったところ意外に反響が大きかった、ASC(ASIAN SHOOTING CONFEDERATION)提供の「基礎から学ぶピストル射撃」動画について、私のショボいヒアリング能力で聞き取れた範囲で内容の簡単な紹介と、一般的な「ピストル教本」とのちょっとした違いについて解説していきたいと思います。

動画は、Part.1~7まで全部で7つ公開されています。Part.1はイントロダクションなので、実質的に教本的な内容があるのはPart.2からの6つになります。

まずはPart.2の「姿勢」からはじめましょう。

Part.2 姿勢(Position)

※画像は全て動画内より引用

「外的姿勢」と「内的姿勢」がある
まず「外的姿勢」を決めるための準備としてスタンスを決める
身体に無理に力を入れないリラックスしたスタンス
スタンスは基本的に一度決めたら変えてはいけない
「全てのショットで同じスタンス」を取ることは非常に重要
 

asc-2-1身体のどこかに力が入った状態で射撃に入らないように、まず銃を持たずにスタンスだけ決めて、力の入りそうなところを少し動かしたり揺すったりして緊張を解き、自然な状態で銃を持つ手が標的方向を向くように調整する。射撃開始前のルーチンとして、こういった手順を取る人はトップシューターを見渡してもかなり多い。

足幅は肩幅と同じくらい、ボディ(胸)は僅かにターゲット方向に向く形
肩や両足は、照準線に対して0~15度の範囲
身体の重量は、左右の足・つま先とかかとにそれぞれ均等にかかるようにする
 

asc-2-2ところでいきなり本題から外れてしまいますが、動画内でJin Jong-ohが履いているこのシューズ、射撃用品としては全く見たことがない、かなり変わった形をしています。なんなんだろうコレと思い、特徴的な三本線から「これはあのメーカーだろう」と当たりを付けて探してみたところ……
asc-2-2b案の定、adidasの製品でした。しかし射撃用シューズではなく、なんとウエイトリフティング用のシューズとのこと(画像はadidas公式サイトのキャプチャー)。日本でもAmazonで並行輸入品が販売されています。お値段は業者によって前後しますが約4~9万円と、けっこうなものです。

-実銃射撃, 射撃のコツ, 海外の反応シリーズ

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.