実銃射撃 海外の反応シリーズ

ワルサー vs モリーニ、どっちがいいかな?【海外の反応】

投稿日:2016年7月24日 更新日:

多分、この日本において最も有名な銃器メーカーといったら、ワルサーだと思います。ルパン三世が使うワルサーP38、ジェームズ・ボンドが使うワルサーPPKといった具合に、有名なキャラクターの使用銃としてメーカー名を含めて銃の名前を耳にする機会が、格段に多いからでしょう。

軍用ピストルのイメージばかりが先行しているワルサーですが、スポーツ射撃用の競技銃のメーカーとしても一流です。あの、おなじみのS字にカーブしたリボン形状のロゴが付いた「ワルサーの銃」を、エアライフル射撃やエアピストル射撃で使っている射手は日本にも大勢います。
 

640px-Walther_Logo.svg第二次大戦前から続いている数少ないドイツの銃器メーカーがワルサー。当然、戦時中はナチスの銃を作っていた経歴も持つが、スポーツ用の平和な銃のメーカーとしても一流だ。

ただ、確かに一流だしトップブランドの一つではあるのですが、トップシェアかどうかと言われると正直、「ちょっと、違うかも」と答えざるを得ません。エアライフルの世界ではファインベルクバウが圧倒的トップシェアだし、エアピストルの世界ではステイヤーが圧倒的で、次いでモリーニが少しって感じになります。スモールボアライフルの世界でもアンシュッツの牙城を崩せるメーカーは存在しません。

このブログはピストル射撃メインのブログなので、エアピストルに限って見てみましょう。ワルサーのエアピストル、現行の最新型はLP400です。発売は2010年。1個前の型になるLP300とは、「なにからなにまで違う、全くの新型」として、鳴り物入りで登場しました。発売当時の國友銃砲さんのブログからも、その意気込みが伝わってくるようです。

ですが、現時点で使用者は多いかと言われると、残念ながら「めったに見ません」ってのが回答になります。相変わらずトップシェアはステイヤーのLP10およびLP10E、あと何故か最近増えてきているモリーニCM162Eが目立ち、ワルサーは女性シューターにちらほら見ることがあるかどうかって感じですね。LP400の利点の一つが「軽い」ってことなので、重い銃が辛い女性にはありがたい存在になるらしいです。
 

hujieda-07何年か前の藤枝で撮影したLP400。バレルシュラウド横にある大きなロゴがなければ、全体的なシルエットはLP10に良く似ている。バレルシュラウドがなくバレルが剥き出しのタイプや、カーボンを多用して軽量化を図ったモデルなど、バリエーションも多い。

果たして、LP400はモリーニやステイヤーに比べて、良い銃なのか悪い銃なのか? 今、APを所持しようとする人が購入したとして、その選択は正しいものなのか誤ったものなのか? ちょうど先日、「さすがにそろそろAPの推薦が下りるハズ」という方からLP400について質問がありましたので、その方へのお祝いとお見舞い(なんか身体の調子が悪いとか)を兼ねて、海外掲示板におけるそのものずばりのスレッドを翻訳してみたいと思います。

なんか、やたらと議論が盛り上がったスレッドになってまして、物凄い長文になります。話がそれた部分は別エントリーに分けましたが、それでもけっこうな大作になりますのでお覚悟のほどを。

-実銃射撃, 海外の反応シリーズ

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.