GUNニュース トイガン射撃

第26回 APSカップ(2016)

投稿日:

2016aps-1朝、競技開始前のレンジを見つめながら集中力を高めるトップシューター二人の姿。

7月16日~17日の2日間、東京・浅草にある産業貿易センター台東館4Fにて、第26回となるAPSカップが開催されました。1992年に第1回が開催された頃には、「1発ずつポチポチと撃つような、こんな地味なシューティングマッチがエアガンの世界で流行るとは思えない」なんてことを言われることもありましたが、この四半世紀近くの積み重ねで、すっかり「日本で手軽に行える競技射撃」の1ジャンルとして確立した感があります。

特に最近は、マック堺さんがYoutubeでAPSカップを紹介する動画を多数UPしてくれているおかげで、銃雑誌とか全く読まない、エアガンの使いみちといったらサバゲしか知らなかったような人たちにも、エアガンを使って本気でスポーツ射撃に取り組んでる人がこんなにたくさんいるんだってことが知られるようになってきたようです。
 

2016aps-5オープンサイト部門・フリーサイト部門の両方が終わった後、それぞれの優勝者に加えて公式記録会での最高得点記録保持者、合計4人で行われるグランドチャンピオン戦。大勢のギャラリーや撮影カメラを背負ってのプレート競技はプレッシャーが凄く、普段はほぼ満射当然の猛者たちも3枚・4枚と外していく。


いろいろな事情があって、APSカップで使用できるエアガンは「公式認定銃」とされる一部の製品に制限されています。もっとも、たとえそんな制限がなくても、APSルールで勝敗を競う範囲においては認定銃以外を使っても全く太刀打ちできないレベルに達してはいるのですが。その公式認定銃のうち最も使用者が多いAPS-3については、メーカーにより生産され出荷され、問屋ないしは小売店に入荷するないなや、「右から左へ」に近い勢いで売れていくそうです。定価はほぼ3万円、実売価格でも2万円台後半を下回ることはめったにない、エアガンとしてはかなり高額な部類に入る製品なのにもかかわらずです。

「絶対、こんなの盛り上がるはずがない」なんて言われていたAPSカップが、ここにきてじわじわとブームになりかかっている、そういう空気を感じます。

-GUNニュース, トイガン射撃

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.