実銃射撃 海外の反応シリーズ

射撃用眼鏡の選び方【海外の反応】

投稿日:2016年6月24日 更新日:

レンズの位置や角度を自由に調節できる射撃用眼鏡は、少なくても私にとってはピストル撃つ上ではほぼ必須装備の一つになっています。ですが、他の人にとってどうかはわかりません――例えば中韓の選手は、それこそ世界大会で金メダル取るような人でも射撃眼鏡を使わず、裸眼で撃ってたりするのを見ると、「射撃をする上で、射撃眼鏡は絶対に必要なもの」というわけでもないことがわかります。

確かに、無くても撃てることは撃てるアイテムではあります。射撃専用ではない普通のメガネのままでも、練習すればスコアは伸びます。相当に高いレベルまで行くことも可能です。でも、普通のメガネを使っていることで「しなくても良い余計な苦労」をしている可能性もあるわけです。実際に、レンズ部分がやたらと細い流行りのメガネをかけてライフルを撃ってる子のフォームを見ているコーチが、レンズの端っこギリギリのところで照準しているのを見かねて「もしお金に全く余裕がないというのなら別だけれど、買えるのなら射撃眼鏡買っちゃったほうがいいよ、絶対そのほうがスコア伸びるし」ってアドバイスしている様子を見ることも珍しくありません。
 

shooting-grass-2レンズの端っこギリギリで照準すると何がいけないのか? 像が歪んでしまうのです。普通のメガネを通して格子状の模様を見たところですが、普通に真っ直ぐ見た時は格子もそのままの形で見える(上)のに対し、銃を構えた時と同様に眼鏡を斜めにしてレンズの端を通して見ると格子が歪む(下)のがわかります。


射撃眼鏡にはどういう選択肢があるのか? 日本においては、「チャンピオン」と「クノブロッホ」の二つのうちのどちらか、これで全てです。お金に余裕があるなら調整箇所が多く調整もしやすいチャンピオン、それほど余裕がないなら調整はしにくいが一度調整してそのままなら関係ないと割りきってクノブロッホ。この2つのメーカー以外の選択肢は存在しないというのが現実です。

また、銃砲店で売ってるのはフレーム部分だけで、レンズは行きつけの眼鏡屋に行って入れてもらう、というのが定番の方法となっています。レンズの中心部分だけを使うのだから、レンズ周辺の歪みの少なさとか、レンズの薄さをウリにした高いレンズなんか使わず、一番安いガラスレンズでOKだよ……このくらいが銃砲店から受けるアドバイスになるでしょうか。

射撃に使う場合、レンズの矯正度合いは普段使っている眼鏡と変えたほうがいいのかそうでないのか、変えるとしたらどんな具合にどのくらい変えるといいのか、そういったノウハウはいくつかレンズを作って実際に射撃をしながら、射手自身が試行錯誤して「ちょうどいい感じ」を探していくしかありません。

-実銃射撃, 海外の反応シリーズ

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.