実銃射撃 海外の反応シリーズ

競技中にサイト調整ってするの?【海外の反応】

投稿日:2016年6月10日 更新日:

競技用の空気銃は、固定して撃てば「何発撃っても、ターゲットに開いた穴の大きさは1発だけ撃ったのとほとんど変わらない」くらいの精度を持っています。試合の最初と最後で弾着が変化するなんてこともありません。

それなら、一度サイトをキッチリ合わせてしまえば、もう二度とサイトを動かす必要なんかないんじゃないか……と思ってしまいますが、実際にはけっこう頻繁に動かすハメになります。新しく発売されるエアピストルのどれもが、サイトは特別な工具なしに素手のままで調節できるのが当たり前になっていることからも、「頻繁なサイト調整のしやすさ」は競技者が求めているものだってことがよくわかります。

それはなぜなのかってことが、ちょうど海外射撃掲示板で話題になっていたので簡単に抜粋して意訳してみました。
 

morini-sightモリーニのリアサイト。いまどき上下左右の調節にドライバーを使わないとならない前時代的な仕組み。正直、ちょっと不便だ。

競技中にエアピストルを調整するのはなぜ?

引用元:TargetTalk---Adjusting pistol during competition?


  • ISSFピストル競技の動画をYoutubeでいろいろと見てるんですが、気になることがあります。ほとんど全ての射手が、使用しているピストルのモデルに関係なく、ドライバーや他のツール類をテーブルの上に置いているということです。そして競技中にも関わらずピストルに対して何らかの調整を行っているのも良く見ます。
    これは、どういうことでしょう? サイトってそんなにすぐにずれるものなんですか? それともトリガー調整? 弾速? オリンピックで使用される高性能の競技用ピストルは、競技中にサイト調整の必要なんかないんだと思ってたんですが……?(アメリカ)
     
    →あなたが見たのと同じ動画を見たわけじゃないんで確かなことは言えませんが、多分それってサイト調整をしてるんだと思いますよ。(国籍不明)

 

  • 私は競技ピストルに関しては初心者ですが、トップクオリティのエアピストルが競技中にサイトの調整を必要とするような低品質だったりするはずないと思うんです。一度サイトを合わせれば、着弾位置が変化したりしないでしょう? 最初の数発、ウォームアップが必要なことはあるかもしれませんけれど、本射中に調整しなきゃならないようなことはないはずです。けれど、Youtubeを見ると射手はけっこう頻繁に銃に対して何かの調整をしているんですよ。どういうことなのか不思議でたまりません。(アメリカ)
     
    →銃には、確かに調整の必要はありません。しかし、射手には必要あるのです。射手の変化によって、着弾点の中心はターゲット上を動くので、その中心をターゲットのセンターに持ってくるために僅かなサイト調整を行います。もし、銃を万力に固定して撃つのならばサイト調整の必要はないでしょう。しかし「最高の射手」であっても決してロボットではありません。
    エアライフルのマッチを見たことがありますか? トップシューターは実に頻繁にサイト調整を行います。そりゃもう、全てのショット毎にサイトを弄くってる勢いです。指導者の中には、「10.5以上に入らなかったのならば、サイトを動かせ」と言う人までいます(10.5ってことは、つまりは1クリック以上、ど真ん中の10.9から外れているのならばって意味ですね)。それがスコアに繋がるのかそうでないのかはわかりませんが、少なくても「サイトを一度合わせたのならば、もう動かさなくても良い」という考え方は間違いだという有力な根拠にはなります。(国籍不明)
     
    →オープンサイトを使っている限り、射場の照明もまた小さな影響を与えます。ルールでターゲットが照らされる明るさは規定されているものの、どの射場でも全く同じというわけにはいきません。どの方向から光が来ているのかということも影響があります。とはいえ、私は光の影響はサイトのクリックにして2つ分以上の影響があるとは思っていません。(アメリカ・マサチューセッツ州)

-実銃射撃, 海外の反応シリーズ

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.