トイガン射撃

2016年6月・ひたすらシリーズ結果

投稿日:

201606-hbs※協賛:ノーベルアームズライフルショップエニス 協力:赤羽フロンティア
昨日、6月4日の土曜日に赤羽フロンティアにて開催されました「ひたすらシルエット」と「ひたすらブルズアイ」の結果をお送りします。
※左写真、トロフィーは合成です

いよいよAPS本大会も来月に迫ってきたこの時期、APSの練習会やマッチが各所で開催されていますが、そんななかでもマイペースに「ひたすらシルエット&ブルズアイ」は開催しています。

201606-hs-result今月の「ひたすらシルエット」は、7mになります。APSカップのシルエットだと、一番近い距離から2番めになりますね。

APSカップの上位陣の人だと、シルエットは「遠い距離から撃つ」のが定番攻略方法になっているようです。なので、よっぽど調子が良いときでもなければ、そもそも7mや6mを撃つ機会がない(その前に10mとか9mで弾を使い切ってしまう)という事情があり、その結果、「あんまり経験のない距離」になっていたりします。

遠い距離のターゲットに当たるのなら近い距離ならもっと簡単に当たるハズ、と思いきやそうでもなく、遠距離のターゲットを調子よくキンキンと落としていった人が、近距離を外してうなだれる……なんて光景は、APSを長くやってれば何度か見たことがあるか、実際に自分がそうなったことがある人も多いでしょう。

実際、7mとか6mのターゲットはどのくらいの確率で当たるのか? 当然、100%に近いんだよね? ということが、今回のマッチで判明するというわけです。そりゃ練習だったらほぼ100%の率で当たりますが、「試合」という体裁を取った時にどれだけそれを再現できるかどうか?

結果は上の表の通り。自分自身が半分より下のところにいるんで大きいことは言えませんが、「思ったより、みんな外してるなあ」ってのが正直な感想でした。このくらいの率だと、本大会のシルエットでは10mから狙っていくより、7mか8mあたりから順番に遠い距離を狙って行って、弾が余ったら近い距離の的も撃つって流れの方が結果的には得点をきっちり確保できるんじゃないかなあ、なんて思ったりもしました。

優勝はイミズさん。イミズさんは、KSCのAP200とSTIでのダブルエントリーです。ダブルエントリーは基本的には受け付けるとも受け付けないとも決めてないんですが、今回は強い要望があったのと参加人数と射座数から見てなんとか時間内には終えられるだろうという目論見があったので受け付けました。

「ガスブロで、ひたすらシリーズをやってみたい」という要望も、ここんところ少しずつ出てきています。以前やっていた「ガスブロ限定ひたすらブルズアイ」は、なんとか第8回まで続けはしましたが最後の方は参加人数2人とか3人(最初の数回は大盛況だったんですが……)になってしまい、現在は休止状態になっています。またどこかで再開したいですね。

-トイガン射撃

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.