GUNニュース エアガン、サバゲ

【静岡ホビーショー】AA-12用電動ドラムマガジン(東京マルイ)

投稿日:

aa12mag-01「電動フルオートショットガン」という全く新しいジャンルを切り開いた東京マルイのAA-12。待望のドラムマガジンが発売になる。発売日は未定だが「もうすぐ。夏休み前までには確実に」とのことだ。

秒間30発という、非常識レベルに近いハイペースでのBB弾発射を実現した東京マルイのAA-12。フィールドによっては使用禁止にしているところもあるほどの無敵電動ガンだが、マガジン容量が93発のノーマルマガジンしかないというのが現時点でのネックになっていた。単純計算で、トリガーひきっぱなしだと3秒ちょいでマガジンが空になってしまうのでは、どれだけばらまくBB弾の密度が濃くてもさすがにちょっとサバゲーでは使いづらい。

「大量にBB弾をばらまけるドラムマガジンはまだか!」というのがAA-12ユーザーの切なる願いだったが、このたびようやくお披露目となった。装弾数は約3000発。上の写真で、ドラムマガジン本体の横に置いた透明ケース内のBB弾が、ちょうど「マガジン内に入る弾の量」とのこと。BB弾だけでずっしりと重さを感じるぞ!

 

aa12mag-02給弾方法は、従来の電動ガン用多弾倉マガジンと同じくゼンマイ方式だが、ゼンマイの巻き上げが手動ではなく電動になったところが大きな違いだ。ドラムマガジン後面の、透明板とダミーショットシェルの底部があるフタを外すと、左写真のようになっている。
aa12mag-03電池ボックスを引き出したところ。アルカリ単4電池を4本使用する。BB弾は上からジャラジャラと入れた後、マガジン前面(写真の反対側)にあるボタンを押すことでウィーンと音を立ててゼンマイが巻き上げられるという仕組み。

「秒間30発で、3000発入るドラムマガジン」となると、単純計算で100秒、つまり1分半以上も撃ち続けられる……ということになるが、さすがにメカニズム的な問題がありそれは難しいとのこと。まず本体のメカニズム的な制限により、1分以上の連続発射は避けて欲しいというのが一つ。そしてマガジンの方も、ゼンマイを一杯まで巻いた状態で3000発全部を撃てるかというとそういうわけではなく、途中で適宜(ボタンを押して)巻き足しをしてやる必要があるとのことだ。

もっとも、秒間30発もの大量発射をする電動ガンのトリガーを10秒以上も引き続けることができる人は、それほど多くないんじゃないかと思う。やってみればわかるが、精神的にブレーキがかかる。「ビビリミッター」とでも呼びたくなる。
 

aa12mag-04ところで、トップ写真でドラムマガジンの横に意味ありげにおいてあるこの銀色の部品はなんだ?
aa12mag-05これは、マガジンを銃に装填した時に、うっかりマグリリースを押してもマガジンが下に落ちないようにするためのストッパーだ。なにせこれだけ大きなマガジンで、しかも3000発ものBB弾が入るとかなりの重さになる。うっかり足の上にでも落としたりしようものなら、捻挫とか骨折とかヤバげなケガの原因にもなりかねないとのことで、こんなストッパーが付属しているというわけだ。
aa12mag-06ストッパーをとりつけたままでも、従来の箱型93連マガジンを使用することはできる。

東京マルイ、AA-12専用電動ドラムマガジンは定価9,800円で、近日発売予定。

-GUNニュース, エアガン、サバゲ

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.