トイガン射撃 実銃射撃 製品レビュー

興東電子の新型ビームピストルについて

投稿日:2016年4月25日 更新日:

koto20レーザーを使用しPCとの連携機能を備えた新しいビームピストルを、いち早く入手した方からお借りすることができたので、詳細をリポートする。

ついに納入が始まった新型ビームピストル

現在、ピストル射撃入門者向けの射撃シミュレーターとして使われているデジタルスポーツピストルの後継に決定した、興東電子製の「ビームピストル」。昔のビームピストルと違い、キセノンランプではなくレーザーを使用し、PCと連携して銃口軌跡の表示や得点表示・記録が行えるなど、今の時代にマッチしたものになっている。

興東電子のWebサイトには何も記載がない(というか、このサイトほとんど更新されてない)のだが、早い時期に注文した方向けに順次出荷が始まっているとのこと。いちはやく入手した方から、できたてホヤホヤの新ビームピストルをお借りすることができた。正直、見る限りではまだ「試作品」に近いような状態ではあるのだけれど、これでもれっきとした「製品」として販売されたもの。使用方法や特長、さらには内部メカニズムなど、詳しいことをレポートしてみたい。

なお、気になる価格についてだけれど、とりあえず今回お借りしたこの銃&ターゲットを購入した方によると、「銃本体が89,000円、標的が59,000円(いずれも税抜き価格)」となっている。二つセットで16万円ってところだ。物凄く高いように感じられるかもしれないが、旧式のビームピストル(キセノンランプ使用のもの)は標的やプリンターもセットになると200万円コースだったし、デジタルスポーツピストルも標的と合わせれば数十万円したことを考えれば、ずいぶんと「お求めやすいお値段」になっている。少なくても実銃のエアピストル(銃本体)よりも、標的セットのビームピストルの方が安くなったというのは大きな進歩といっていいだろう。

光線銃射撃の歴史

※退屈なウンチク話は飛ばしてビームピストルのレビューを読む

銃所持に厳しい規制がある日本において、ピストル射撃の普及や競技者育成のために開発されたのが、弾を撃たないで射撃を行う精密な射撃シミュレーターである。最も初期のものは、1970年代に興東電子によって開発された「ビームライフル/ビームピストル」で、カメラのフラッシュと同じ仕組みのライトをレンズを使って真ん丸の形にしてターゲットを一瞬だけ照らし、アナログ回路を駆使して光の円の中心位置を割り出して点数として記録するものだ。

「ビームライフル/ビームピストル」は国体の正式種目になったりしたこともあり、ずいぶん長い間使われたが、21世紀に入ってからはNECが開発した「デジタルスポーツシステム」に公式競技用ツールとしての座を譲る形になった。デジタルスポーツ射撃システムは2011年からは国体の正式種目となり、「かなり強引なやり口」で全国への普及が進められていた。

デジタルはビームに比べ、レーザーを使うことでより精密で確実な計測が行えること、PCとの連携によってより詳しい射撃データが取れることなどが大きな利点である。だが、いろいろあって生産が終了してしまい、正式種目であるにも関わらず新品は手に入らないし、以前購入したものが故障しても修理することすらできないという「泥沼」に近い状態となってしまっている。「強引なやり口」で購入させられたシステムが、生産中止により新規調達も修理もできず、体育館などに壊れて使えないデジタルピストルが山積みになってる……なんてのは、スポーツ施設全体に関わる立場の人たちからすれば恨み言の一つや二つ言いたくなる状況だろう。

なんとかしなければならない……ということで、日本ライフル射撃協会は2012年11月に後継機種の選定に入るということを発表、翌年の3月には具体的な要項が発表され選定に入った。正直、その時点では既に近代五種などで実績がある外国製の「レーザーピストル」が採用されるものだと思っていたのだが、実際にはそうはならず、かつてビームピストルを製造していた興東電子と、エアガン(玩具銃)での射撃競技の普及と運営に長年携わってきたマルゼンの一騎打ちとなった。

軍配は、興東電子の方に上がった。どういう基準でどの部分が決定打になったのかについては詳しくはわからない。「負けた方」になるマルゼン製の「デジタルカメラシューティングシステム」は、昨年のAPSカップ本大会において無料体験試射が行われていたのでその時にレポート済である。
 

2015aps-04マルゼン製の「デジタルカメラピストル」。銃口奥にあるカメラで標的を撮影し、トリガーを引いてストライカーが前進した衝撃を感知した直後にカメラが向いていた場所をPC上に表示するというもの。

では、「勝った方」になる興東電子のビームピストルは、いったいどんなものなのだろうか? 次ページからいよいよ詳細を見ていこう。

グリップはホンモノのAP用、それ以外は独自メカ

かつてNECから出ていたデジタルスポーツピストルは、グリップおよびトリガー&シアメカニズムはホンモノのエアピストル用のものが使われていた。そのため構えた時の感じやトリガーの感触などは完璧にエアピストルそのままの、極めてレベルが高いものになっていた。ただし、その代償として価格が高くなってしまっていた。

興東電子の新ビームピストルは、グリップはエアピストルのものを使用するが、トリガー&シアメカニズムについては独自のものが組み込まれている。価格と性能のバランスを取るために、グリップも完全自社開発するのは無理だと諦め、その変わりトリガー&シアメカニズムくらいだったら既にあるものを参考にすれば自力で製造するのもそれほど難しくないのではないか……と考えたのかどうかはわからないが。

レーザーを使ってターゲットとの間で交信を行い、トリガーを引いてストライカー(この場合、ノッカーと呼ぶほうが正しいかもしれない)が前進してたたきつけられた衝撃を検知し、その直後にレーザーが指し示していた場所を「着弾点」としてPC画面に表示するという仕組みだ。
 

koto21銃とターゲットの組み合わせで使用する。奥のほうで緑に光っているランプが付いている灰色の箱がターゲット(横にAPのターゲットが貼ってあるが、関係ない)。たいして複雑な仕組みがあるわけでもなかろうに、やたらと大きくてごつい金属製のケースになっているのはいろいろと不便だ。基本的なデザインはビームライフル/ビームピストルのものと同じだが、10点に当たると王冠が光るかわりに緑のランプが赤になって点滅する。
koto00a新ビームピストルの左側面。グリップ以外は独自デザインのものということだが、全体的に見てリアサイト部分だけ設計の傾向というか雰囲気というか、「匂い」みたいなものが違う気がする。別メーカーの製品を流用しているのかもしれない。
koto00bこちらは右側面。グリップは、ステイヤーLP10のものが付けられている。取り付け部分のデザインは共通なので、別サイズのものでも問題なく取り付けられる。グリップの角度調節も、LP10と同様に行える。
koto05リアサイト。もちろん上下・左右に微調節可能。左側のノブが上下調節、右側のノブが左右調節だが、「どちらが上下でどちらが左右なのか」「どの方向に回すと上あるいは下、右あるいは左に着弾点が動くのか」といったことが一切書かれていないのはちょっと不親切だ。
koto06リアサイトは、ブレードを含めて全体が金属製。リアサイトノッチの幅を調節するような機能は付いていない。
koto11ちょっと言葉を失うのがフロントサイト。3Dプリンターで出力した試作パーツがそのまま付けてあるようにしか見えない。ガタガタだしバリもそのまま残っているし……。
koto10銃口部分を前からみたところ。銃身に見えるものは単なる丸棒であって中には何も入っていないし、もちろん銃口部分には穴もあいていない。銃口下についている四角いパーツ部分に、レーザー発光器と思われるものが2つついている。上下のレンズにそれぞれどういう役割があるのかは現時点では不明。
koto09単3電池を1本使用する。独自規格のバッテリー(それもすぐ劣化してほとんど撃てなくなる)しか使えなかった旧型ビームライフル/ピストルに比べれば格段の進化だ。APS富士見練習会に持ち込んで皆さんに試してもらい、まる一日、何人もが何百発となく延々と撃ち続けることになったが、たった1本のアルカリ電池で十分に間に合った。ただ、電池蓋というものが存在しない(丸出し)なのはちょっと気になる……。
koto13左側面にあるスイッチを入れると、その横にある赤いLEDが点灯する。この状態でトリガーを引いていき、「あともう少し引くと弾が出る」というところまで引くとLEDが点滅を始める……これが、「レーザーが照射され、ターゲットとの通信を開始する」というシグナルとのこと。撃発するとLEDが点滅から点灯に変わり、「撃ったという信号をターゲットに送ったぞ」ということを知らせてくれる。
koto07トリガーは金属製。前後位置の調整が可能だが、トリガーブレードの形そのものがあまり良いものではなく、指に触れた時に強烈な違和感がある……。機関部の左側面には銃番号などの刻印がある。
koto08こちらは右側面。
koto14操作方法。②コッキングレバーを起こして、③戻すと、ストライカーが後退した状態になる(ストライカーの状況は外部から簡単に確認できる)。その状態で④トリガーを引くとシアが外れてストライカーが勢い良く前進し、「カッチン」と音を立てる。競技銃だから当然だが、セーフティのたぐいは全く存在しない。

次のページからは、簡単な分解および内部メカニズムについて。

トリガー&シアには、改良の余地あり

トリガープルの調節については、①1stステージ&2ndステージのストローク、②1stステージ&2ndステージの重さと、一通りのことはできるようになっている。実際、その調節機能をフルに使って好みのトリガープルに調節し終えたときには、「これは十分に、水準以上のトリガープルなのではないか?」と思えるものになった(ガタ取り改良を施したあとの話……後述)。

ただ、その状態では撃てない、正確に言うとレーザーが全く照射されずターゲットとの交信自体が発生しないという問題が生じた。新ビームピストルは、スイッチを入れただけではレーザーは照射されず、トリガーをある程度引いたところでレーザーが照射されターゲットとの交信が開始するという仕組みになっている。この「トリガーをある程度引いたところ」というのが厄介で、かなりの量を引かないとレーザーの照射が始まらないのだ。

そのため、1stステージのストロークを非常識なレベルに近いところまで長くすることが強制されてしまう。ストロークが長ければバネが変形する量も大きくなるので、1stステージの引き始めは軽くても引き終わり(2ndステージに差し掛かるころ)にはかなり重くなってしまう。機構上、2ndステージにはある程度以上の重さは必要なので、結果としてトリガープルの感触が「もっちり」した感じのものになってしまう。

せっかくの調整機能がフルに使えないというのは、残念だ。「どこまでトリガーを引くと、レーザーの照射が開始するのか」という部分を微調整できれば良いのだが、現時点では方法がわからない。
 

koto15グリップの取り付け方法は、ステイヤーLP10と全く同じ。底部にあるネジを1本外すだけで外せる。
koto16グリップを外して機関部を左側面から見たところ。トリガーの後部にある2本の引きバネが、1stステージ/2ndステージのプルの重さを調節するためのもの。引きバネの下にあるアームの角度が、調整ネジを回すことによって変化し、バネの引き具合(初期伸び量)を微調整できるという仕組みだ。
koto17トリガーアセンブリーを取り出したところ。トリガー軸を始めシア関係パーツの軸は、恐ろしいことに全てスプリングピン(断面がCの字になるパイプ状のピン)になっている。何度も抜き差ししていれば緩くなって外れやすくなってしまう危険性があるし、なにより軸と部品との摩擦が大きいので、トリガー軸なんていう繊細なところに使うのは躊躇われる設計だ……(エアピストルでは、トリガーに関係した回転するパーツの軸穴には大径のベアリングが使われているのが一般的)。
koto01実は、お借りした当初は、このビームピストルのトリガープルは酷いものであった。「ガリガリガリ(何かにこすれる感じ)、パコッ(何かにハマり込む感じ)、グイーッ(2ndステージを引く感じ)」と続いて、ようやくシアが外れて撃発するといった具合。トリガーが左右に大きくガタがあり、トリガーアセンブリーが斜めに本体内に入っていくにあたって、カドの部分が擦れてしまっていることが原因である。
koto02トリガーアセンブリーの、後方に伸びたアーム部分のカドには、本体とこすれて削れた痕が残っている。トリガーを引くたびにこの部分がガリガリとこすれるのだから、そりゃトリガーの引き味が酷いことになるのは当たり前である。

さてどうしたものか。本格的にやるならピンをちゃんとしたピンに交換、本体の穴を広げてベアリングを埋め込み、トリガーユニットを左右から挟み込んで位置を安定させ……みたいなことが考えられるのだけれど、お借りした銃に断りなくそんなことできるはずがない。けれどこの状態でAPS撃ちの皆さんに撃たせたりしたら、「なんだこれ、クソじゃん」言われるのが目に見えている。

とりあえず簡単な方法として、トリガーアセンブリーの左右にワッシャを入れて本体左右との余裕をもたせることで、トリガーアセンブリーのアームと本体が接触しないようにしてみた。
 

koto03軸径はおよそ3mmだが、スペースに余裕がなくM3ネジ用のワッシャを入れることができない。手持ちに山程あるミニ四駆用のワッシャ(M2用)の穴をドリルで広げて使用する。
koto04トリガーアセンブリーと本体の間、左右に1枚ずつワッシャを挟むことでうまい具合にガタが取れた。トリガーを引いても一切の引っ掛かりもこすれる感じもなく、スムーズに引けるようになった。

素材は悪くないのに細かい部分が……

トリガー&シアの基本的なメカニズムは、競技銃としてオーソドックスなもので、とりたてて致命的な欠陥があるわけではない。素材も、安価な玩具銃とは違い亜鉛合金ではなく硬質なステンレスが使われている。ただ、細かい部分の作りが甘いために結果として「トリガーの引き味」がずいぶんと安っぽいものになってしまっている、というのが全体的な感想となる。
 

koto23例によって、トリガー&シアメカニズムの概略図。GIFアニメーションはまたのちほど。
図はコッキングした状態。ここからトリガーを引くことでシアB(仮称。青のパーツ)が時計回りに回転し、ストライカーを支えているシアA(同じく仮称。緑のパーツ)が下降し、支えを失ったストライカーが前進する。
※あくまで部品同士の関係をわかりやすく図示しただけのものなので、寸法や形状、配置、色は実物とは異なります。

koto-bp-trigger

GIFアニメを作ったので掲載します。

 
こういったタイプのシアメカニズムで、一番重要になるのがシアAとシアBの接触部分だ。回転軸以外では唯一の「擦れて動く」部分になるからだ。メカニカルトリガーの競技銃では、この部分というのはほとんど切削工具の切っ先じゃないかと思えるくらいに鋭利に尖っていて、その尖った先同士が引っ掛かってるような状態だったりするのだが、新ビームピストルのシアAのシアとシアBの接触部分は、ずいぶんとマイルドというか、滑らかな形をしている。
 

koto19シアAとシアBのアップ。特にシアBの(シアAとの)接触部分は、意図的にとしか思えないほどに丸められている。何か理由があってこんな形になっているのだろうか……? 見た感じ、ワイヤー放電加工で作られているっぽい手触りなのだが、それだとカドの部分を鋭角にするのが難しい、みたいな事情があったりするのかもしれない。
  1. やたらと長い1stステージを短くする(レーザー照射開始タイミングの調整)
  2. 最低でもトリガー軸だけはベアリング化。できればシアAとBの軸も。
  3. シアAとシアBの接触部分をもっとシビアなものに。

この3つをやるだけで、トリガーの感触については相当に良くなるのではないかと思う。

ちゃんと考えないとダメなんだよ、角度とか。

koto21撃つ人によって反応したりしなかったりという謎現象が起きて原因究明に苦労したけれど、「角度と高さをバッチリあわせる」ことで解決した。いやほんとうに、最初はどうなることかと思った。

さて、いよいよ実射だ。製造元によれば、「基本的に10mでしか使用できない。概ね7mあたりから反応するが着弾位置はずれる」とのこと。実際に自宅の5mくらいの距離で試してみたが、軌跡は表示されるのだが撃っても着弾位置が表示されず、PC画面では「撃たずに銃を下ろした」のと同じ状況になってしまっていた。

なので、ちょうどお借りした日の翌日に富士見で行われた「富士見APS練習会」に、主催者様の許可を得た上で持込み、さらには贅沢に10mの専用レンジまで設置していただけて(いやほんとうに何から何までおんぶにだっこで申し訳ない……ありがとうございました)、「プチ体験会」を開催することになった。

とりあえずターゲットを10m先に設置して、延長コードでコンセントにつなぐ。さらにターゲットに接続した電話線ケーブル(モジュラーケーブル)を小さいボックスでUSBに変換してPCに接続する。なぜLANケーブルではなく電話線ケーブルなのか? 「その方が安いから」というのが理由とのことだ。とりあえず机の上に銃をレストしてターゲットを狙って撃ってみると……。

おお、ちゃんと反応した、着弾位置が表示された。良かったー、壊しちゃったわけじゃなかったんだ(笑)。

ひととおりざっとテストした上で、それならばいよいよちゃんと撃ってみようと、立ち上がって銃を手に持って撃ってみると……なぜか全く反応しない。自宅で試したのと同じく、軌跡は表示されるが撃っても反応無し、着弾位置が表示されない。あれ? 机の上に置いて撃ってみる……ちゃんと反応する。立って撃つ……反応しない。

なぜだー。

興味深そうに覗き込んでいる方を捕まえて撃ってもらうと、こんどはなぜかちゃんと反応する。あれ? 自分で持って撃つと……反応しない。その人だと反応する。なんだこりゃ!

あーでもないこーでもないといじくり回しながら頭を悩ませていたところ、通りがかったこの手のことに詳しい方が一言。「それ、角度のせいじゃねえか?」

実はこの新ビームピストル用のターゲット、底に三脚の取り付け穴がないので、設置するときは正しい高さの台を用意してその上に置かなければならない。手持ちの台と富士見でお借りした台の積み重ねでは、正規の高さに10cmほど足りない高さしかなかったのだ。とはいえたかが10cm、その程度は誤差みたいなもんだろうと思ってそのまま設置していたのだが、そのせいで、「机の上に置いて撃ったり、小柄な人だったりすると反応する。背が高い人が撃つと反応しない」という現象が起こっていたのである。

練習会に来ていた方が、手持ちのガンケースを一つターゲットの下に追加して調度良い高さに嵩上げしてくれた。さらに左右の角度も厳密に合わせたうえで試したところ、こんどは誰が撃ってもちゃんと反応するようになった。

ソフトは改良の余地がアリアリ

koto20着弾点の表示や得点の集計は、ターゲットと有線で接続したPC上で行う。このタブレットはWindows8だが、Win10にも対応しているとのこと。Win7なら大丈夫だが、XPとなると動作保証外とのことだ。

ソフトの使い勝手は、この手のツールではお約束のようなものだが、決して良いとはいえない。はっきり言えば「クソのようなユーザーインターフェース」と言ってしまってもバチは当たらないレベルだと思う。まあ、この点についてはNECのデジタルピストルもSCATTも似たようなもの……いやデジPはこれに輪をかけて酷いものだったような記憶が……だし、とりあえずちゃんと動いてくれれば及第点ってくらいの気持ちでいたほうがいいと思う。

[2019.10.19追記]SCATTは、ほぼ月イチペースの頻繁なソフトウェアアップデートにより、現在は昔とは全く別物といっていい使いやすいソフトへと変貌しました。興東電子も頑張ってください!

もちろん不満点というか、改善を強く要望したい部分というのは山程あるが、それについては既に製造元に送信済だし、ハード的な不具合と違ってアップデートも比較的安価で簡単に行えるだろう。この記事をお読みの方が、新規にビームピストルを購入した時にはソフトの使い勝手は大幅に変わっている可能性も高い。

とりあえず早めに対応してもらいたいなーと思ったのは次の点。

  1. 得点表示が小数点単位なのは良いとして、集計までその数値で行われるのは実際の競技と異なるので困る。
  2. 試合モードしか備えられておらず、普段の練習には使いづらい。撃った後、今の射撃の軌跡をリプレイするモードがあるとありがたい。
  3. ターゲットの拡大/縮小がわかりづらい。拡大してもモードを変えると元に戻ってしまったり。
  4. 写真を見るとわかるとおり、タブレットだと画面に収まりきらずに下部分が見えなくなってしまう。解像度変更機能が欲しい。

本体の作りにしろソフトの作りにしろ、なんとなくコレを作ってるスタッフにはピストル射撃やってる人がいないんじゃないかという気がして仕方がない……。

だが、どんなに不満点があろうとも、エアピストルを所持できない環境や年齢の人が日本でピストル射撃をしようと思ったら、APSなどのエアガンを使ったもの以外ではコレしか選択肢がない。これは好きになれないから他の製品を使うというわけにはいかないのだ。製造数が少ないからコストだとか部品調達ロットで問題があったりなどいろいろと事情はあるのだろうけれど、「俺にはこれしかないんだ!」という人のために、「これがいちばんいいんだ!」と言えるものに、なんとかして育て上げて欲しいと切に願う。

-トイガン射撃, 実銃射撃, 製品レビュー

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.