ノーベルアームズ・SURE HIT MRS 先取りレビュー


mrs-main2
満を持して登場するノーベルアームズの超小型ドットサイト、「SURE HIT MRS」。最高級の証である「SURE HIT」の名前は伊達じゃない。

指先でつまめるくらいの超小型のドットサイト。重さは50gそこそこしかなくて、スコープの上に亀の子で乗っけたり、ハンドガードの斜め上に装着して近距離用のサイトとして使ったり、ハンドガンのスライド上に固定したりと、いろんな使い方をされている。

超小型ドットサイトの元祖的存在といったらDOCTORサイトになるのだろうけれど、日本でホンモノを買おうと思ったら5~7万円くらいが吹っ飛んでいくDOCTORサイトは、よっぽどのお大臣さんでもなければ手が出ない高嶺の花。多くの人はレプリカ品や、形・大きさが似ている別メーカーの製品のほうが第一候補になるだろう。
 

doctor3-4これがDOCTORサイト。写真は三進小銃器製作所さんのWebサイトより引用……ちなみに三進さんは、「もっとも初期のドットサイト」にほぼ近い骨董品まで店内にフツーに展示してあったりする凄いお店である。

高品質・お手頃価格の光学照準器を数多くラインナップに揃えてくれていることで定評のあるノーベルアームズからも、「DOCTORサイトっぽい」超小型ドットサイトはいくつか発売されてきた。最初に出たのがTINY DOT。小型サイトにありがちなレンズの歪みがほぼ皆無という品質の高さは今でも根強いファンが多いが、外部からスイッチを使ってドットのON/OFFをしたり、明るさの調節をしたりすることができないというのがちょっとネックだった(光学センサーが付いていて、カバーを外すと自動でONとなり、あとは外部の明るさに合わせて自動調光する仕組み)。

TINY DOTが一度絶版となり、次に発売されたのがTM DOT。デジタルスイッチを装備していることや、別売りのACOGタイプの4倍スコープに付属するアダプターを使って「亀の子マウント」が手軽にできることなど利点も多かったが、レンズのクリアさがTINY DOTに比べると一歩劣っているように感じること、レンズ枠が妙に分厚くて視界が遮られがちだったことなどから、「前のほうが良かった……」というユーザーの声も聞かれ、一度はTINY DOTが復活していたこともある。
 

tiny-and-tm左:TINY DOT、右:TM DOT。両方とも価格を考えれば十分以上に優れたドットサイトなのだが、「一長一短」なところがあり、なかなか万人に薦められる理想のサイトとはいかなかった。


扱いやすく信頼性の高いデジタルスイッチ、クリアで歪みのないレンズ、視界を遮らない薄いレンズ枠。あと、できれば軽くて頑丈ならば言うことなし。これだけの条件を満たす理想の超小型ドットサイトは出てこないものなのだろうか……。

「もったいぶるな」って声が聞こえてきそうだ。そのとおり、ついに発売されるのだ。それも、ノーベルアームズが「これぞ」と自信のある高級ラインにしかつけない「SURE HIT」ブランドで。今までの「ここが、もうちょとこうだったら……」と思ってしまうちょっとした不満点が解消されているのは当然として、さらにその上を行く「こんな小さいサイトに、ここまでやるのか」と恐れ入ってしまうハイクオリティのドットサイト、それが「SURE HIT MRS」である。
 

mrs-00SURE HIT MRS
本体サイズ:48×35.9×26mm
重量:60g
使用電池:CR2032
価格(予価):¥23,800(税抜)
発売時期:2016年5月~6月を予定

●その他のスペック
輝度セッティング:デジタルスイッチN1,N2,3~11 ※8時間後自動OFF
電池寿命:輝度設定#6で6千時間/#3~5(暗闇)で25万時間/N1/N2(ナイトビジョンモード)で50万時間
マウントベース:ピカティニー規格
本体材質:アルミ引抜材6061A
耐衝撃:600G・3000発対応
耐水:5~30℃/50cm/30分

次ページからは、主だった特徴をざっと紹介していこう。




にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへにほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへにほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ

1 Response to ノーベルアームズ・SURE HIT MRS 先取りレビュー

  1. 池上ヒロシ

    当初、電池の保ち時間とマウントを外した状態での重さについて、間違った数字を記載してしまっていました。本文は訂正済です。

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください(スパム対策)。正常に書き込めていてもエラーメッセージが表示されることがありますので、再投稿の前にご確認お願いします。

 

サイト内検索


プロフィール

 
池上ヒロシ
各種雑誌にてライターをやっています。
銃器の構造、歴史、射撃技術などが得意分野です。メインフィールドはピストルを使った精密射撃です。
 
ご意見・ご感想はこちら
 
仕事のご依頼は上のメールフォームからお願いします。 

 

ここ1週間の人気記事

   

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近のコメント

カテゴリー