ピストル射撃競技メインのサイト

あきゅらぼ Accu-Lab

トイガン射撃 射撃のコツ

APS-3、トリガーの仕組みとカスタム

更新日:

先日のエントリーにて、APS-3の分解やトリガーカスタムの方法などをお届けしたが、その時に使ったAPS-3のトリガー&シアメカニズムの解説GIFアニメーションが実はずいぶん前に作ったものだったりした。とくに間違ってるとか問題があるというわけでもないのだけれど、せっかくなので作りなおしてみた。

ついでに、「トリガーを引いた時、その重さと感触がどういうふうになるのが『良いトリガー』なのか」についても、GIFアニメーションと連動して図解してみた。上手く伝われば良いのだけれど。
 

aps-3-mechaAPS-3のサイドプレートを外したところ。ストライカーやセフティ(ストライカースプリングは既に外した状態になっている)、そして一般に「Cバネ」と呼ばれる引きバネが露出している。この「Cバネ」を外すと、とりあえず簡単にトリガープルを劇的に軽くすることができる。軽くなるにはなるのだが、それだけではあまりオススメできる改造とは言いづらいものがある。

ノーマルのAPS-3・トリガー&シアメカニズム

aps3-mecha-01ノーマル状態での動き。「シアC」と呼ばれる部品(図では黄緑色)と、それにつながってる「Cバネ」と呼ばれているスプリングは、どういう働きをしているのか?

APS-3のトリガー&シアメカニズムは、は、スプリングの力で前進しようとするストライカーを、下からミゾにハマることで前進しないように「つっかい棒」の役割を果たすシアA(図では水色)、そしてそのシアAが下降しないように下から支えるシアB(図ではオレンジ色)、そしてシアBを動かすトリガー(図では緑色・トリガーブレードは黄色)という4つの部品で構成されている。

サイドプレートを外した時に左側面に開けられた穴から見えるスプリングと、そのスプリングが付いているシアC(図では黄緑色)は、前進しようとするストライカーを支えるといったような「つっかい棒」的な役割は全く果たしていない。実際に、CバネやシアCそのものを取り除いてしまっても、コッキングや射撃操作は全くなんの問題もなく行うことができる。

ならば、シアCやCバネは、いったい何の役割を果たしているのか? それは、シアBとシアAの噛み合いが外れそうになる直前にトリガーに当たって、「もうすぐシアBとシアAの噛み合いが外れるぞ」ということを、トリガーの感触として射手に伝えるという役割だ。言ってしまえば、「トリガーを重くするためだけのパーツ」ということになる。

-トイガン射撃, 射撃のコツ

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.