実銃射撃

トップ選手が使っているエアピストル

投稿日:

これまでに書いてきたエアピストル関連の記事で、トップ選手が使っているエアピストルのシェアについては「試合で見渡した印象」だけで書いていたけれど、調べてみたらキチンと統計を取ってブログにグラフにしてUPしている人がいた。日本国内のローカルな割合じゃなく、世界大会での使用率なので「より信頼がおける」内容になっているんじゃないかと思う。

以降、グラフや数字の参照元:IGOR'S BLOG
http://toz35.blogspot.co.uk/
 

51st ISSF WCH Air Pistol Menデータは2014年の世界選手権、10mピストル男子。やっぱりシェアが一番大きいのはステイヤー。LP10とLP10Eで過半数を占めている。続いてモリーニCM162EIが2割程度、あとはワルサーLP300とパルディニーK12を使う人が少しいて、あとはもう「そんなの使ってる人がいるんだ」と思われちゃうくらいなレアケースって感じだ。
51st ISSF WCH Air Pistol Womenこちらは10mピストル女子。順位は基本的に変わらないけれど、ステイヤーのシェアが少し減って過半数に届かないくらい。モリーニCM162EIのシェアもそれほど大きくなく、かわりに(男子に比べると)使用率が大きいのがパルディニーK12という結果になっている。

これだけじゃ内容的に寂しいので、せっかくだから次ページではトップシェア3機種の特徴や比較などについて。……といっても私はモリーニ以外の銃は撃ったことがないので、実際の使用者や銃砲店の人に話を聞いた範囲での紹介になってしまうけれど、その点はご容赦。なお、価格については2016年2月現在でのライフルショップエニスのカタログ価格をそのまま掲載した。

なお専門用語っぽいものについては「※」マークを付けて、最後にまとめて解説を書いた。

-実銃射撃

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.