【ガンマメ】スコープは銃の上についてるのに……


Q:スコープは銃の上に付いてるのに、弾は狙ったところに当たるのはなぜ?
A:弾を当てたい距離で交差するようにスコープが傾けてあるから。

これ、けっこうな頻出質問だったりする。弾はスコープの下にある銃身から発射されるのだから、当然弾が当たるのはスコープで狙ってる場所より下になりそうなものだけれど、なんで狙った場所に当たるのか?
 

scope-poi00銃の「上」に載せられているスコープ。弾は当然、スコープより低いところから発射される。スコープに限らずアイアンサイトで照準するときも同様だ。

結論から言ってしまえば、「狙った距離で当たるように、スコープは少し下向きに傾けて付けられているから」というのが回答になる。ただし注意点としては、光は真っ直ぐ進むけれど、発射された弾はそうではなく、重力に引かれて落下することでだいたい放物線に近い軌跡を描いて飛ぶということがある。

下向きに傾けられたスコープを使って水平に照準すれば、銃は当然のことだけれど少し上向きになる。きちんとスコープが調整されている場合、上向きになった銃から発射された弾は、まず最初は上昇し、スコープで狙っているライン(照準線)と一度交わり、そのまま上昇を続けるがあるところで上昇は止まり、そこから落下してきてもう一度照準線と交わる……つまり、最大で2箇所、「狙った場所どんぴしゃりに弾が当たる距離」というのが存在することになる。




にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへにほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへにほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください(スパム対策)。正常に書き込めていてもエラーメッセージが表示されることがありますので、再投稿の前にご確認お願いします。

 

サイト内検索


プロフィール

 
池上ヒロシ
各種雑誌にてライターをやっています。
銃器の構造、歴史、射撃技術などが得意分野です。メインフィールドはピストルを使った精密射撃です。
 
ご意見・ご感想はこちら
 
仕事のご依頼は上のメールフォームからお願いします。 

 

ここ1週間の人気記事

   

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近のコメント

カテゴリー