トイガン射撃 製品レビュー

ラウンドワンに射撃場が!?

投稿日:2016年2月3日 更新日:

spocha-00ラウンドワン・スポッチャ宇都宮店にあるシューティングレンジにてエアガンを撃つ!
Photo : Tad_gami(以下同じ)

ボウリングを中心とした総合アミューズメント施設、ラウンドワン。全国各地にでっかい看板がのっかったでっかいビルが立ち並んでいるので、知らないって人はいないんじゃないかと思う。ラウンドワンの中でも特に大きな施設には、「スポッチャ」という様々なスポーツの体験ができるエリアが設けられているところがある。テニスや卓球やバドミントンといった一般的な屋内競技から、ポケバイやカーリングやアーチェリー、はてはロデオや釣り堀なんていう普通はありそうにないものまでいろいろ揃っていて、そんなに高くない入場料金だけですべての施設が遊び放題になるというものだ。

その中に、「ガンシューティング」というのが混じっているという話は以前から聞いていたのだが、公式サイトの紹介ページには小さい写真が一つ載っているだけで、いったいどういうものなのかが皆目わからない。自分で確かめに行こうにも、家族連れやカップルといったリア充だらけの中に一人で鉄砲撃ちにいくだけなんてのはいくらなんでもハードルが高すぎる。どうしたもんだろう……なんて話をしていたら、弟が家族を連れて実際に行ってきて、ついでにいろいろと写真を撮ってきてくれた。リア充な弟家族に感謝しつつ、謎だった「スポッチャ・ガンシューティング」について詳しいレポートをお送りする。
 

spocha-07これがシューティングレンジの外観。距離は最大で10mある。近くには子供を放り込んでおいて勝手に遊ばせることができる檻とか、ごく短い距離でボウリングの真似事ができる子供向けの体験施設みたいなのが並んでいる。
spocha-02周囲は網で囲われていて、人一人が頭を差し込める程度の範囲だけ開けられている。網の中には、銃と移動式の的枠、的枠に取り付けるためのペーパーターゲット、そしてターゲットを操作するためのタッチパネルが設置されている。
spocha-06レンジの中は基本的に暗いが、ターゲットだけは明るく照らされるようになっている。周囲は跳弾防止のための布が垂らされており、撃った弾は的の下に貯まるような仕組みになっている。

-トイガン射撃, 製品レビュー

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.