【ガンマメ】ホップアップの種類


1987年に「プラモランドモリオカ」によって生み出されたエアガンのホップアップ技術は、1993年に東京マルイから発売された「FA-MASスーパーバージョン」によって完成の域に達した。それ以降も細かい改良はあるが、基本的にはこの「マルイ純正HOPUP」が現在のエアガン業界における「精度と飛距離を両立させるホップアップ」の標準になっている。

モリオカの「0.4Jシステム」から東京マルイの「HOPUP」の登場までの間にも、いろいろなホップアップが考案された。サードパーティーから、純正バレルと交換するだけでノンホップのエアガンをホップアップ仕様へと改造できるパーツが数多く発売された。前回の記事UP後にDNAのchakaさんからリツイートいただいた、シェリフの「LRB」もその一つだ。

今回は、0.4Jシステムをはじめとする様々なホップアップの仕組みをGIFアニメーションにて紹介していこうと思う。

※GIFアニメはあくまで大まかな仕組みをわかりやすく見せる概略図であって、寸法や部品形状は厳密なものではありません。

 

モリオカ「0.4Jシステム」

3-1morioka0.4Jシステムは、当時のサバイバルゲームフィールドにおいて「圧倒的な飛距離」の代名詞的存在だったスーパー9用のカスタムパーツとして発売された。上のGIFアニメーションもスーパー9用パーツの構成をモチーフにしたものだ。

「ホップアップ」というフレーズは使われていなかったが、紛れも無く現在のホップアップの元祖的存在と言えるのがモリオカ0.4Jシステム。ゴム製のチャンバーパッキンを、上側からネジで押さえつけることでBB弾の上部に引っ掛かりを作り回転を与えるという仕組みだった。

精度は、正直言うとそれほど良いものではなかったようだ。確かに他のエアガンと比べて飛距離は抜群に伸びたが、ネジで直接チャンバーパッキンに圧力を加える方式のため微調整が難しく、ホップが全然効かない状態→大空に舞い上がる鬼ホップの境界がほとんどなく、綺麗にまっすぐ飛ばせるのは至難のワザだったと聞く。当時は今ほどBB弾の精度も良くなかったため、同じように調整してある同じ銃から撃ってもちょっとしたBB弾の大きさの違いでホップの効き方が全然変わってしまうという問題もあった。
 

198707gun-morioka初登場した月の次号にあたる月刊Gun 1987年7月号に掲載された「プラモランドモリオカ」の広告。組み込み用パーツ単体で¥14,800円、組み込んだ状態の完成品でも3~4万円と、数十万円する超高額カスタムが主力だったモリオカの製品としては破格といっていいお手頃価格だったのだが、当時の「普通のエアガン好きな子供」にとっては「オカルトめいた、胡散臭いパーツ」というイメージが強かったというのが正直なところ。



にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへにほんブログ村 その他スポーツブログへにほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ

Comments are closed.

 

サイト内検索


プロフィール

 
池上ヒロシ
各種雑誌にてライターをやっています。
銃器の構造、歴史、射撃技術などが得意分野です。メインフィールドはピストルを使った精密射撃です。
 
ご意見・ご感想はこちら
 
仕事のご依頼は上のメールフォームからお願いします。 

 

ここ1週間の人気記事

   

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近のコメント

カテゴリー