エアガン、サバゲ ガンマメ~銃の豆知識~

【ガンマメ】ホップアップの歴史

投稿日:2016年1月2日 更新日:

Q:HOPって誰が発明したの?
A:公式なものでは、「0.4Jシステム」の実用新案(1987年)が最初。

HOPは最初は「ワルモノ」扱いだった

発射されるBB弾に上向きの回転がかかると、浮き上がるような弾道で飛ぶということ自体は、日本でエアガンが普及しはじめた1980年代から既に知られていた。だが、それは「飛距離を伸ばしてくれるもの」ではなく、「BB弾の弾道を乱す厄介なもの」という扱いだった。

当時の銃雑誌を読み返してみるとそのことがよくわかる。MGC・M93Rのガスガンをベースにしたカスタムガンのシリーズ(今で言うピストルカービンみたいなものもあった)のリポート記事が、月刊Gun 1985年12月号に掲載されているが、「フラッシュハイダーに開けられた穴の形や向きによっては乱気流が発生し、弾が上にホップするように飛ぶ」という内容が書かれている。

当時はガスガンがまだ登場したばかり。ガス流量を微妙に調整するという考え方はまだ一般的ではなく、バレル長に比べて明らかに過剰なガスを吹き出してBB弾を飛ばそうとするものが多かった。そのため、実銃どおりに穴が開いたフラッシュハイダーを装着すると余剰ガスがそこに流れ込んで、銃口から飛び出そうとする瞬間のBB弾に吹きかかり余計な回転を与えてしまう、という現象が起こったのである。

同様のことが書かれた記事は他にもある。MGCキャリコM1000の記事でも、(実銃とは異なり)フラッシュハイダーに穴が開けられていない理由を、「穴があると乱気流が起きてしまい、弾道が上向きに、つまりホップしてしまう」ためと書かれている。ガスの流れ以外によるホップもやはり「ワルモノ」扱いで、例えば当時のサバイバルゲーマーに愛されていた一大メーカーであるJACの広告には、遠距離で命中精度が落ちる理由として「BB弾の微妙な形のユガミで弾道がホップする」というものが挙げられている。
 

2-1ホップ回転を「ワルモノ」扱いする1980年代の記事や広告の一例。左から月刊Gun 1985年12月号(MGC・M93Rリポート記事)、月刊Gun 1987年8月号(MGC・キャリコM1000リポート記事)、月刊Gun 1990年6月号(JACの広告)。※赤い下線は筆者によるもの

-エアガン、サバゲ, ガンマメ~銃の豆知識~

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.