【ガンマメ】火縄銃って、撃てるの?


Q:骨董品店とかで古い火縄銃が売られてるけれど、アレって撃てるの?
A:購入して所持するのは「登録」だけでOKだけど、撃つのには特別な許可が必要。

日本はアジアの中でも、銃器の普及・発展という点では非常に特殊な経歴を持った国だということもあって、骨董品として現存する火縄銃の数が際立って多いという。歴史の中において火縄銃が果たした役割も大きい――少なくても、小学生ですら学校で習って誰でも知ってる程度には大きい。

そのため、「銃アレルギー」が激しい我が国としては例外的に、歴史遺産としての文化的価値が認められたものについては比較的簡単な「登録」だけで合法的に所持することが可能だ。
【ガンマメ】火縄銃は許可なしに持ってもいいというのは本当?

しかし、それを撃とうとすると話は別になってくる。銃を撃つには火薬が必要。そして火薬を購入するのには特別な許可が必要。その許可を取るためには、「火縄銃を撃つ目的」として、公安委員会に許可してもらえるものが必要になるからだ。

その「目的」というのは大きく分けて2つ。「伝統技能の継承」と、「標的射撃」である。お祭りで甲冑を着込んだ人たちが空砲をドッカーンってぶっぱなしているのが「伝統技能の継承」。演武なんて呼び方もする。誰でも勝手にできるわけじゃなく、「○○流砲術」だとか「○○鉄砲隊」だとか「○○保存研究会」だとか、そんな感じの名前の、それなりに歴史や社会的信頼のある団体が、きちんとした形で申請して、それでも許可が出ないこともちらほらある、というくらいには厳しいものだ。

とはいえ、個人としてはその「ちゃんとした団体」に連絡を取って入会して、銃の取り扱いだとか細かい作法なんかを練習して覚えれば、空砲とはいえホンモノの火縄銃を撃てるのだから、「手軽な方法」というのならコレが一番手軽な方法になるのかもしれない。もっとも、撃てる状態の火縄銃を手に入れたり、甲冑を一揃いあつらえたりするのには、それなりにお金もかかるだろうけれど。
 
参考:火縄銃の団体一覧(日本の武器兵器)

800px-Himeji_Oshiro_Matsuri_August09_057お祭りでの火縄銃演武。実弾を撃つことはなく、全て空砲。撃つ銃は一世紀半前の古いものでなければならないが、身に着ける甲冑までにはそんな決まりはない。
photo : Corpse Reviver(Wikimedia Commons)



にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへにほんブログ村 その他スポーツブログへにほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ

Comments are closed.

 

サイト内検索


プロフィール

 
池上ヒロシ
各種雑誌にてライターをやっています。
銃器の構造、歴史、射撃技術などが得意分野です。メインフィールドはピストルを使った精密射撃です。
 
ご意見・ご感想はこちら
 
仕事のご依頼は上のメールフォームからお願いします。 

 

ここ1週間の人気記事

   

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近のコメント

カテゴリー