実銃射撃 射撃のコツ

選択の余地なし? 中国製の弾を試す

投稿日:2015年12月11日 更新日:

前回前々回、奥戸射撃場で(ひとりさびしく)行ったテストで、なんか妙に良い結果が出たのが理由というわけでもないのだろうけれど、ライフルショップエニスにてH&NフィナーレマッチのAP弾が在庫切れになってしまった。次回入荷は全くめどがたたずとのこと。RWS R10もAP弾は在庫僅少となっており、AR弾に至ってはH&N、RWS共に品切れになってしまうという非常事態。

そのため、「チャンヤン(QIAN YUAN)」という中国メーカー製の弾が緊急値下げされた。エアライフル用と思われる重めの弾だけの入荷なのだが、撃とうと思えばAPでも撃てる。RWSのAP弾も在庫切れになってしまったらコレを撃つしか無いわけで、せっかくなのでまた弾と銃の相性テストを行ってみた。
 

qy530mg-2「チャンヤン(QIANYUAN)」製の空気銃弾。エニスに入荷していたのは、この「直径4.49mm/重量0.53g」の弾だけだった。エアピストル用の弾が0.45~0.49gなのに比べると、ずいぶんと重い。

qy530mg銃を万力固定した状態で10発を撃ってみた結果。まあ、とりたてて気になるほど大きく広がってるわけでもないので、このテストだけを見れば問題ないのだけれど、なにせ弾が重いので初速が遅い……。これについては後述。

fm450

r10-448r10-449r10-450

手持ちのフィナーレマッチ4.50と、在庫僅少のRWS R10マッチ3種類をテストしてみたところ。チャンヤン製と比べてもそれほどたいして大きな違いはない。

-実銃射撃, 射撃のコツ

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.