実銃射撃

ファイナルのない東京都選手権

投稿日:2015年11月23日 更新日:

nagatoro長瀞射撃場、裏の駐車場にて。

毎年11月の勤労感謝の日に、都内にあるあちこちの射撃場で種目ごとに分散して開催されている東京都選手権だけれど、今年は長瀞射撃場にて一括で開催されることになった。国体やら選手権やらで上位に入れるような実力を持たない一般射手にとって、上位8人だけで勝ち抜き戦をやって順位を決める「ファイナル」ができる機会は、毎年この東京都選手権だけだったので楽しみにしていたのだけれど、長瀞開催となった今年はファイナルはなし。その変わり、一度に撃てる人数が多いのと、電子標的になったおかげで、採点したり集計したりする側はずいぶんと楽になったんじゃないかと思う……東京から遠いというのは難点だけれど。

ここんところピストルを撃ってても、練習だとそこそこ行けるのに試合になると「普段、自分がどう撃ってたのか」がわからなくなって迷走っぽい状況になってたのに加えて、ワインのイベントがあったり大洗であんこう祭があったりと別口の楽しみも多く練習がおろそかになりがちだったため、選手権優勝者の印であるチャンピオンジャンパーは最初から諦めムードだった。実際、ぜんぜん届かない程度の点数ではあったけれど、それでもまあ最後の方には「どう撃ってたのか」を少し思い出す糸口が掴めそうな感触もあったので、まあまあということで。

-実銃射撃

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.