ワインツーリズムやまなし2015~八代醸造


予定では、十分に終了時間に余裕を持った状態で本日最後となる八代醸造に辿り着くはずだったのですが、予想外にここまでの道程でそれぞれのワイナリーで話し込んでしまったため、時間がギリギリとなってしまいました。最寄りのバス停には最終バスの一つ前で到着、最終バスまでの時間は30分あるかないか。最寄りとはいえ、バス停から八代醸造までは普通に歩くと10分以上はかかるので、事実上ワイナリーで過ごせる時間は10分あるかないかという強行スケジュールになります。

ここは諦めて来年にしようかと、ちょっとだけ思いますが、ここの一つ前に訪れた新巻さんのところで、バスルートを反対側から回ってきた他の参加者の方(竜王から石和温泉までの電車で一緒になって少し話をしたご夫婦)に、「八代醸造では、1983年ものの甲州とか、醸造途中のタンクからの直接試飲なんてものがあって、すごかった!」と話を聞いていたので、どうしても諦めきれません。そういうスペシャルな試飲は、ほとんどの場合1年こっきりで、「来年にまた来るのでその時に」というわけにはいかないのです。

一升瓶を背負い、酔いのためにおぼつかなくなりつつある足元を奮い立たせ、薄暗くなりかけている田舎道を必死で走ります。なんとかたどり着いた時には、ほとんど店内はお片付けモードでしたが、汗びっしょりになりながらもカウンターにすがりつき今回の有料試飲を見せてもらいます。
 

2015wt-12-yatusiro01「今年はこれを飲みに来た」と自信を持って言える、1983年の甲州。32年モノですよ32年! まだチ○コに毛も生えてない中坊だったころに収穫された甲州のワインを飲める、そんな機会を逃したらどれだけ後悔するか!
2015wt-12-yatusiro02凄い……。「黄金色」とか「はちみつのような」とか「濃縮された」とか、いろんな表現をこねくり回しましたが、コレについてはとにかく「すごかった、美味かった、忘れられん」と、ただそれだけです。今回のワインツーリズムでは「甲州の古酒」をここを含めて3箇所で飲みましたが、ここのは別格です。ワインツーリズムのトリを飾るにふさわしいワインです。

ゆっくり味わう間もなく、「最終バスの時間が迫っているので、お乗りの方はそろそろ出たほうが良いですよ~」とのアナウンスがかかります。八代醸造の方に別れを告げて、まだグラスに残っている32年モノの甲州をちびりちびりと呑みながら、すっかり暗くなったバス停までの道をトボトボと歩きました……。




にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへにほんブログ村 その他スポーツブログへにほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ

Comments are closed.

 

サイト内検索


ここ1週間の人気記事

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近のコメント

リンク

カテゴリー