ワイン

ワインツーリズムやまなし2015~マルサン葡萄酒

投稿日:2015年11月12日 更新日:

日本ワインの一大生産地にして、狭い範囲に数多くのワイナリーが密集していることでは世界に類を見ないとも言われている山梨県の勝沼。そこを中心地区とする大きなイベントが、毎年11月の最初に開催されている「ワインツーリズムやまなし」です。
 

2015wt-00-image0111月7日(土)、8日(日)の2日間にわたって、山梨県で開催された「ワインツーリズムやまなし」。1日目となる土曜日は、事前の予報と異なり一日中おひさまが照る良い天気で、用意してあった防寒装備の出番なしの1日となりました。

このイベント、ちょっと変わっています。それなりに大規模なイベントなのですが、都心からの送迎バスがあるわけでもなく、大企業によるハデな仕掛けだとか飾り付けられたメインステージでのアイドルやお笑い芸人のアピールだとか、そんなのはぜんぜん無し。イベント主催者がやってることは、基本的には2つだけ――「当日、バスを循環させる」「ガイドブックを作り、申し込んだ人宛に事前に送る」という2つだけです。

参加者は事前に郵送されてきたガイドブックを参考にして、当日回るルートを計画します。当日は循環バスに乗って思い思いのワイナリーを訪れることになりますが、その人達ををどう扱うかはそれぞれのワイナリーに任せられています。ここぞとばかりに特別なことをするところもあるのですが、特に何もしないところもあります。それどころか、「忙しいから」ということで閉めてしまい、「ワインツーリズムやまなし」には不参加となるワイナリーすらあるくらいです。

第1回が開催されたのは2008年。その頃はバスルートも勝沼周辺だけの1日イベントだったのですが、回を重ねるごとに塩山地区が追加、甲府が追加、山梨市が追加、甲斐が追加とどんどんエリアが広くなり、バスも増え参加者も増え開催日も土日の2日体勢となり、もちろん参加ワイナリーも増えた大イベントへと成長しました。地方創生の大成功例としてビジネス誌などに特集が組まれることもたびたびです。

私は2010年の第3回からずっと参加してきたのですが、昨年だけはスケジュールが合わずに参加できず悔しい思いをすることになりました。晴れて自由人となった今年は遠慮なくフル参加です。

-ワイン

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.