GUNニュース

KTW訪問記~和智さんに会いたい!

投稿日:2015年10月22日 更新日:

日本の「GUN文化」、銃でも射撃でもなく「GUN」文化の普及と進化に偉大な貢献をした人物として名前が挙げることができる人物というとどんな人がいるだろうか。モデルガン・エアガンを子供のオモチャから大人も楽しめるリアルで高品質な趣味へと高めた故・六人部登さんや小林太三さん。海外から実銃に関する詳しくてホットな情報を次々に届けてくれた床井雅美さん、Turkさん、永田市郎さん……。他にも大勢の方の名前を挙げられるだろうけれど、海外実銃情報と国内向けトイガンの開発・販売の双方において大きな役割を果たし、そして今もなお精力的に活動を続けている方となると、KTW社長の和智香さんをおいて他にいないのではないだろうか。
 

ktw-01岩手県花巻、空港のすぐそばにあるKTW本社。田んぼや林に囲まれた一角、広い敷地内に建物が点在している。首都圏にあるエアガンやパーツメーカーとは全く雰囲気が違い、表札にある「KTW」の文字がなければ「ほんとうにココがそうなんだろうか?」と不安になってしまうところ。

ライターとしては、私にとっては大先輩も大先輩。1970年代から月刊Gunで「世界拳銃撃ちある記」を連載。東南アジアや中南米などをヒッチハイクで放浪、ついた先で出たとこ勝負で拳銃を撃たせてもらって、その体験記を連載するという今ではちょっと考えられない……というか当時でも(当時だからこそ?)かなり凄いことをやり遂げ、その後は「壇植遜(だんうえそん=ダン・ウエッソン)」のペンネームで日野小室式やらAR7やら、これまたちょっと普通ではない銃のレポートを何度か掲載。日野小室式の記事は、おそらくその銃に関して現時点で存在する最も詳細で正確な資料として、その後もたびたび引用されている。
 

gun1976-12「世界拳銃撃ちある記」の第1回が掲載された1976年12月号の月刊Gun(一部)。インターネットなんか影も形もなかった当時、海外の「リアル」を知りたかったら、実際にそこまで足を運んで現地の人と交流する以外に方法が無かった。アメリカやヨーロッパならともかく、治安も社会情勢も不安定な東南アジアや中南米の「リアル」、それも銃器の所持や実際にどう使用されているかなんていう物騒な話題について体当たりで取材し日本まで届けてくれるなんて、とてつもなく貴重で、他では絶対に読めない情報だった。

1980年には、「夢の対決」と題して、永田市郎氏と国本圭一氏(ウエスタン・アームズ社長)の射撃対決を企画し記事にするなんていう、これまた今ではちょっと考えられないこともされている。他には、1981年の「ロス疑惑」に関連して、銃に詳しい専門家として週刊誌の取材を受けいろいろと回答したところ、全く答えた内容と異なる内容が「専門家による意見」として記事にされてしまうなんて「事件」もあった。まさに日本の「GUN文化」と共に歩まれてきた、そして今もなお歩み続けている歴史の証人にして第一人者、それが和智香さんである。
 

gun1980-07月刊Gun 1980年7月号に掲載された「夢の対決」。左が若かりし頃の永田市郎さん、右が若かりし頃の国本圭一さんだ。企画も凄いし、写真も凄い。撮影はやはり月刊Gunライターの大先輩であるJackさんだけれど、あの人のことだから多分この写真、三脚に設置したカメラをリモートで動かしてるとかじゃなく、実際に銃を撃ってる真ん前の地面に這いつくばってシャッター切ってるんじゃないかと思う……。

誌上では、他のライターから「ワッチャン」なんて愛称で呼ばれることも多かった和智さん。私がこの業界に入ったころには既にライター業は引退されており、遠い東北の地にてKTWというメーカーの社長となられていた。製品についての問い合わせなどで電話をすると、そのあまりの知識の豊富さと深さ、そして話の面白さに、ついつい電話が長引いてしまい、後で会社の上司に「池ちゃん、長距離電話なんだからもうちょっと手短に……まあ和智さん相手じゃ無理ないかもしれないけれど」と苦言を言われたこともあったりしたっけ。

-GUNニュース

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.