ピストル射撃競技メインのサイト

あきゅらぼ Accu-Lab

アニメ・コミック

うめ展 in 上野

更新日:

とりあえずネットで入場券は買ってあったのだけれど、予想以上に会期が短く「今日行かなければ、もう行けない」という状況にまで追いつめられたので、平日ではあるけれど(酷く無茶な納期の仕事を締め切り前に納品するという離れ業を実現した直後だったこともあり)、上野まで「蒼樹うめ展」を見に行ってきた。
 

umetenteten上野の森美術館ってどこかと思ったら、上野公園に入ってから左方向、野球場の横の細い道をずーっと抜けてった先なのね。こっち方面に来るのって初めてだわ。

秋の上野公園は、銀杏の匂いでいっぱい。「銀杏」をそのまま英語にすると「シルバー・アプリコット」。蒼樹うめさんが主催してる同人サークルの名前も「アプリコット+」。これを狙ったのか!? まさか、こんなウンコめいた匂いをイメージされたサークル名のはずがあるものか。

前にもどこかで書いたことがあったと思うけれど、私は昔、自作の「ひだまりスケッチ」の同人誌を、おそらく蒼樹うめさん本人にお買い上げになっていただいたことがある。

アニメの一期が放映終了したころだったと思うが、都立産業貿易センターで開催されたイベント(「らき☆すた」と合同だったと思った)に自宅プリンターで作ったコピー誌ならぬプリントアウト誌を持って参加した。ファンジンというよりは、「アニメの元ネタ解説本」に近いシロモノではあったのだけれど。やけにその場に似合わない小柄な女性がその本を見て、「あ、あの、これ、ひだまりの本、ですか……?」と聞いてきたので、はいそうですと返答したところ、一冊購入して頂けた。

さて、このイベント、後から、「どうやら、作者本人が来ていたらしいぞ!」と話題になった。誰もが描けるらくがきボードみたいなものが設置されていたのだが、その中にどうみてもホンモノとしか思えない絵が混じっていたというのだ。

そのときは、あー、そんなこともあるのねーとしか思わなかった。この2つが結びついたのはそれからさらに後になってから。「ひだまりスケッチ」のDVDを購入し、オーディオコメンタリーを再生したときのことだ。オーディオコメンタリーとは何かってことをいちおう説明すると、副音声に、出演声優やら、たまに監督とかが出てきてグダ話をしてる様子が収録されているというもの。そこに、作者である蒼樹うめさんが出演声優に混じって登場した。……正確にはアニメ作中で、「作者の自画像」とされている小動物の声を当てていたので、ご自身も「出演声優」ではあるのだが。

「あ、あの、蒼樹、うめです……」

あ!!! この声、聞き覚えがある! あの時、本を買ってくれた小柄な女性だ、間違いない!

作り声であった小動物声では分からなかったけれど、こうやって素の声を聞けばもう間違いようがない。たしかにあのときの女性だ。自分が描いてきたマンガが人気作になって、アニメになってさらに人気が出て、ついにはオンリーイベントなんかが開かれるようになったと聞いて、自分自身でそのイベントに足を運び、そこで頒布されていた「ひだまり本」をとにかく全部購入したのに違いない。

なんていい人なんだ……!

それ以来、私はもうずっと、蒼樹うめ先生のファンである。

-アニメ・コミック

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.