GUNニュース

第55回 全日本模型ホビーショー クラウンモデルの新製品

投稿日:

crown-00ホビーショーに出展している数少ないエアガンメーカーのうちの、「東京マルイじゃないほうのもう一つ」がクラウンモデル。ちょっと他では出してくれそうにないマニアックな機種選定だとか、価格の安さなどが魅力のメーカーだ。

crown-02今回のホビーショーでは、代表的な機種がいくつか鎖に繋いだ状態で「ご自由に手に取ってください」と並べられていた。弾を撃つことはできないが、質感だとか操作したときの感触などを確かめることができる。

ガッシリしててシッカリしてるクラウンのドラグノフ

クラウンのエアガンというと、「安いけれど見た目はちょっと残念」ってイメージが強いかもしれない。1万円たらずのボルトアクションライフルだとか、3000円ちょっとで変えるエアコッキングハンドガンだとか。
 
crown-01

そんなラインナップの中で目を引くのが、2万円を余裕で超える高額モデルであるドラグノフ。ガスでも電動でもなく、エアコッキングのライフルだが、金属部品がふんだんに使われていて、手に持った時の重量感も見た目や手触りといった質感も、完全に「高価格製品」としての風格がある。今回のホビーショーで新製品として展示されていたのは、そのドラグノフを折りたたみストックとしたバリエーション、「ドラグノフSVD-S」だ。
 

crown-03金属部品が多用されており、クラウンらしからぬ(と書いてしまうと失礼だが)リアルさがあるドラグノフ。
crown-04ハンドガード部分やタンジェントサイトなども手抜きっぽさは無い。
crown-09見る限り、スチールプレスで作られているっぽいマガジン。140連のゼンマイ巻き上げ式なのだとか。
crown-05折りたたみストックのエアガンは、小さめのカバンでも持ち運びができるという大きな利点がある。けれど当たり前の話だが「折りたたみ部分」が弱点になることが多い。このドラグノフSVD-Sはどうだろうか?
crown-07折りたたみストック基部の拡大。かなりガチで頑丈そうな金属パーツで構成されており、見た範囲では「ここ、壊れやすいんじゃないだろうか……」という不安は感じられない。

crown-08レ シーバー左側面には、きちんと規格に沿ったサイドマウントレールが付いているので、実物やレプリカのロシア製スコープマウントをそのまま取り付けることが できる。「そんなもん手に入らないよ」と思いつつも調べてみたら、けっこうお手軽な価格で、けっこうリアルなレプリカが売ってるのね……。

Amazon : SVD 4倍 ドラグノフ スナイパースコープ

-GUNニュース

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.