エアガン、サバゲ ガンマメ~銃の豆知識~ ミリタリー

【ガンマメ】サバイバルゲーマーは実銃を扱わせても上手い?

投稿日:2015年9月13日 更新日:

サバイバルゲーマーの全てが危なっかしい銃の扱い方をしているというわけではない。ゲーム会で見ていると、サバイバルゲーマーの中にも銃口管理や安全対策が実に堂に入ってて、安心感のある銃の扱いをしている人がごくまれにいることはいる。

しかし話を聞いてみると、そういう人は実は本職さんだったり、実銃所持者でもあったり、あるいは海外などできちんとした実銃射撃のトレーニングを受けた経験があったりする。サバイバルゲームで初めてエアガンを触り、それ以来ずっとサバイバルゲームでしかエアガンを扱った経験がない人は、安全管理という点ではほぼ間違いなく「怖くてとても実銃なんか持たせられない」状態になっている。

「持っているのは実銃じゃなく、エアガンなんだから、それでもいいじゃないか?」

確かにその通りかもしれない。だから、自分が主催しているサバイバルゲーム定例会でも、実銃並みの安全管理を全ての参加者に求めるなんて無茶はしていない。とはいえ、例えば銃口で人を指さすとか、座ってる人の頭越しに試射を行うとか、あまりにも目に余る行為をしている人がいた場合は、「さすがにそれはちょっとやめてくれ」とお願いすることもあるが……。

「銃の扱い」を基礎から教えたとして、「モノになる」のはサバイバルゲーム経験者よりも、何も知らない素人さんのほうがずっと早い。そう断言した理由について、ここまで読んでくれた方ならだいたいわかってもらえたのではないかと思う。

銃に限らず、武器とか兵器とかに分類されるものに求められるのは、「必要なときにちゃんと使えること」と、「必要でないときには絶対に機能しないこと」の2つだ。そしてその2つのうちどちらが重要かといえば、圧倒的に後者である。それを取り扱う人間に求められる技術についても同じこと。「銃の取り扱いに長けている」というのは、操作方法に熟練していることでも、狙って当てる技術に優れていることでもない。どれだけ安全に手にした銃を扱うことができるか、そういった安全管理を無意識のうちにキチンとできるようになっているかどうか。それに尽きる。

-エアガン、サバゲ, ガンマメ~銃の豆知識~, ミリタリー

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.