GUNニュース

君の銃に牙はあるか

投稿日:

エアガンのカタログ本を作ると、M4およびそのバリエーションだけで数十ページ延々と続く。レシーバー、ハンドガード、ストック、サイト、グリップ、トリガーガード、フラッシュハイダー、それぞれ様々なパーツメーカーがありその組み合わせはまさに無限大。もうほとんど間違い探しのレベル、よほどのマニアでもなければ見分けなんかつきそうもない……と思ったら、誰でもひと目で見分けが付くトンデモデザインのM4カスタムレシーバーが実銃用パーツとして出ているのを見つけた。エアガン用として作ろうとするところがあるのかないのかわからないが、とにかく見た目のインパクトがすごかったので紹介してみたい。
 

kiba-2アメリカ・オレゴン州にあるSHARPS BROS.社によるAR-15用ロアレシーバー、「ヘルブレイカー(Hellbraker)」。マガジンハウジングの部分に大きな口とキバ、いわゆる「シャークマウス」がモールドされている。実用上の意味は……いちおう「滑り止めのセレーション」としての役割があるにはあるらしいが、基本的には見た目のインパクト重視の製品だ。
Photo : SHARPS BROS.(以下、銃の写真は同じ)

kiba-1見た目がキバツではない普通のレシーバーもラインナップにあることはあるのだが、やはりメインはこういうタイプのもの。左から「ヘルブレイカー(Hellbraker)」、「ワートホグ(Warthog)」、「ジャック(The jack)」。

-GUNニュース

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.