トイガン射撃

APSカップ直前対策

投稿日:2015年7月16日 更新日:

※2011年と2014年に投稿した内容の焼き直しです。

APSカップも目前に迫ってきています。APS-1グランドマスターやAPS-3のカスタムとかシアの調整とかそこらへんについては過去のエントリで書きましたが、残り数日といった状況で、銃を分解してカスタムし始めるなんてのはいくらなんでも泥縄過ぎです。今の段階で出来ることは、とにかく練習して当日のスコアを少しでも上げることでしょう。

ブルズアイ・プレート・シルエットの3つのステージがあるAPSカップの中で最も得点配分が高い「稼ぎ頭」は、言うまでもなくブルズアイです。しかし逆に大幅失点をしやすい、つまり「足引っ張り」になりがちなのはどれかというと、多くの人が「シルエットだろうなあ」と答えることだと思います。距離が6m~10mまでとバラバラになっており、当たれば得点・外せば失点、中間は無しというシビアさがあること。遠いターゲットは得点が高く近いターゲットは得点が低いという、競技中にいろいろと頭の中で考えてしまいがちなこと。いろいろと「罠」が仕掛けられているステージです。

今回は、そのシルエットステージにて少しでもスコアを上げるための秘訣をお伝えしましょう。

一つの銃で、異なった距離のターゲットを撃たされるのがシルエット競技の特徴。

シルエットステージは、「距離が異なるターゲットを撃つ」というのが一番のキモになっています。撃った弾は一直線に飛んでいくわけではなく、放物線を描いて山なりに飛んでいきます。だからそれぞれの距離によって、ターゲットを狙う位置を変更する必要があります。放物線の形がどのようになるのかは、使っている銃や弾、射手の背の高さなどによって変わってくるので、狙う位置をどの程度変更すればいいのかも、人によって異なってきます。

弾が当たる場所が違うのだから、事前に狙う場所を修正しておいてやる必要がある。サイトのエレベーションを動かして調整する方法もあるが、多くのシューターは「狙う場所を少しだけ変更する」ことで対応しているようだ。

その修正量を、競技前にあらかじめ調べておく必要があります。しかし「当たったか、外れたか」で得点が決まるタイプの競技射撃で射手が陥りがちな罠が、「弾がどちらに外れたかによって修正したくなる」ということです。撃ってみて弾が上に外れたから、「次に撃つ弾」は下を狙ってみる、とかそういうやつです。これは一見すると理にかなっているように見えますが、精密射撃の原則からするとあまりいい方法じゃありません。ドットサイトやスコープを使わずにオープンサイトで狙って撃ってるのなら、撃つときはターゲットではなくサイトに集中していなければなりません。「撃った弾がどっちに飛んでいったか」が分かるということは、サイトではなくターゲットの方に意識が行っている証拠で、つまりはミスショットです。ミスショットを参考にして狙う位置を変えたりしてたら、当たるものも当たらなくなります。負のスパイラルですね。

サイトに集中していれば、弾がどこに飛んだかなんてことは射手には分からないハズ。でも、それだと練習するときに困ります。練習ではどっちに飛んだかを見て、どこらへんを狙えばいいのかを調べておく必要があります。けれど撃つときはサイトを見てます。誰かに横から見ててもらって、どちらにどのくらい外れたかを教えてもらうというのもひとつの手でしょう。けれど、もっといい方法、確実な方法があります。ペーパーターゲットを撃つことです。

本番でシルエットターゲットが置かれているのと同じ距離・同じ高さに、同じ大きさ・色をしたターゲットを印刷した紙を設置し、それに向かって同じ場所を狙って何発も撃ち込む。当たろうが外れようがお構いなしに、とにかく同じ場所を狙い、サイトだけを見て無心に撃つのが鉄則。

ペーパーターゲットを回収して、どのくらい外れているのかを確認します。ドンピシャでシルエットターゲット(を印刷した部分)に弾が集まっていれば問題なし、本番でもその距離では同じように狙って撃てばOKです。下の方、あるいは上の方に外れたところに弾が集まっていた場合は、その距離ではその分だけ狙う場所をずらして撃つわけです。

下の方に集まっていた場合はちょっと上を狙う(フロントサイトをターゲットに食い込ませて狙う)ようにする、上の方に集まっていた場合はターゲットとフロントサイトの隙間を少し開けて狙う。そうすることで、「弾が集まるエリア=グルーピング」をターゲットの中心に持ってくることができる。

これで、使用するエアガンの命中精度(あるいは射手の腕)が十分でなくても、グルーピングの中心をターゲットと重ね合わせることで、ターゲットをヒットできる確率は飛躍的に高まります。ペーパーターゲットに向かって20発ほどを撃つだけで、APSカップ本番におけるシルエットの得点を、うまくすれば十点以上は一気にアップさせることが可能になるわけです。

「キーン」と音を立ててはじけ飛ぶシルエットターゲットを撃つのは楽しいことです。が、確実にヒットするためには、ペーパーターゲットに向かって何発も撃つ、地道な努力が必要なのです。

●APSカップ本大会で撮影した写真を元に、「可能な限り本番の雰囲気に近い、シルエット練習用ターゲット」を作りました。

※画像を右クリックでPDFがダウンロードできるので、自由にプリントアウトして使ってください。

-トイガン射撃

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.