【ガンマメ】左利き用の銃ってあるの?


もちろん、左利きでも扱いやすいようにボルトハンドルが通常とは反対側に付いているライフルもある。平和な社会でスポーツ射撃や狩猟用として自分専用の銃をお金を出して購入するのなら、当たり前だけれど右利き用の銃を使って奇妙で大変な撃ち方をするより、楽に撃てる左利き用の特別仕立てのライフルを買うことになる。もっとも、買おうとする銃に左利き用があればの話だが。仮にあったとしても値段が右利き用よりも高くなってしまうのは、まあ、しょうがないことと諦めるしかない。
 

800px-Ruger_Gunsite_Scout_Rifleアメリカの銃器メーカーであるルガー製のライフル。ボルトハンドルが通常とは逆側(左側)に付いている、左利き射手用のモデルである。

軍用・あるいは警察用の銃は、最近では「左右どちらでも使える」というのが一つのトレンドになっている。部品を入れ替えるなどして左利きの射手にも対応できるようなしくみになっているものも多いが、そんなことをするまでもなく最初から「どっちの手でも同じように使える」ようにデザインされたものも増えてきている。右利きだから右だけ、左利きだから左だけというのではなく、状況に応じて左右を持ち替えてどちらでも撃てるようにするという訓練方法(スイッチングとか呼ぶそうな)がメジャーになってきて、それに対応するためのものなのだとか。




にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへにほんブログ村 その他スポーツブログへにほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ

Comments are closed.

 

サイト内検索


プロフィール

 
池上ヒロシ
各種雑誌にてライターをやっています。
銃器の構造、歴史、射撃技術などが得意分野です。メインフィールドはピストルを使った精密射撃です。
 
ご意見・ご感想はこちら
 
仕事のご依頼は上のメールフォームからお願いします。 

 

ここ1週間の人気記事

   

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近のコメント

カテゴリー