これはガバですか? はい、木製です。


金属以外の素材で、伝統的な金属製の銃を精密かつリアルに再現する技術においては日本は世界でも有数の高い技術を持っている……これについては、まず間違いない事実だと思う。実際のところは、他国では「撃てない銃」に対して、例えば飾るためだとか愛でるためだとかそんな理由だけで高いお金を出して購入しようというニーズがそれほど大きくないってのが理由なのかもしれないが。

ただ、アメリカにおいてはM1911A1、通称「コルトガバメント」と、Single Action Army、通称「コルトピースメーカー」の2種類においては少し例外なようだ。撃てる銃を手に入れるのは、日本に比べればそれほど難しくはないのは他の銃と同じだけれど、「撃つわけじゃなく、ディスプレイケースに入れて飾り、普段からそれを見て楽しみたい」というニーズが、他の銃に比べて格段に高いらしい。国の基礎を築いた銃、いわばアメリカン・スピリッツの象徴そのものという側面があるのだろう。

そういった「飾るためだけの銃」にはどんなものがあるんだろうと調べていたら、面白いものを見つけた。ほぼ全ての部品が木で作られたM1911A1の精密なレプリカ銃だ。
 

1743260CNCで精密に作られたガバメントの木製レプリカ。残念ながら現在はもう販売終了となっており、メーカーサイトにあるギャラリーを眺めることしかできない。画像引用元:WOOD CALIBER(tm)(他同じ)

WOOD CALIBERという会社は、もともとはハンドガン用のグリップパネルやライフルの木製ストックを作っているところ。CNC(工具が事前にプログラミングされたとおりに動くことで、複雑で精密な部品を自動で削り出しで作ることができる工作機械)の技術を伝統的なクラフトマンシップと融合させることで、木製グリップや複雑な形状のストックなどを安価に安定して生産する……というのが触れ込みのメーカーだ。




にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへにほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへにほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください(スパム対策)。正常に書き込めていてもエラーメッセージが表示されることがありますので、再投稿の前にご確認お願いします。

 

サイト内検索


プロフィール

 
池上ヒロシ
各種雑誌にてライターをやっています。
銃器の構造、歴史、射撃技術などが得意分野です。メインフィールドはピストルを使った精密射撃です。
 
ご意見・ご感想はこちら
 
仕事のご依頼は上のメールフォームからお願いします。 

 

ここ1週間の人気記事

   

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近のコメント

カテゴリー