GUNニュース

フル・サークル ―ベルリン1945―

投稿日:2015年5月19日 更新日:

物凄く久しぶりに、演劇ってものを見てきました。劇中で使用されるプロップガンの製作を少しだけ手伝った縁でご招待いただきました。

演劇というと、一流の人たちによる本格的なものとなると幼少時に連れて行かれた「奇跡の人」の公演以来、小さい劇団による小さい公演を含めても学生時代以来ですので、本当に「ン十年ぶり」な感じです。
 

image劇団俳優座公演No.324
紀伊國屋書店提携
「フル・サークル ~ベルリン1945~」
原作:エーリヒ・マリア・レマルク
潤色:ピーター・ストーン
訳・演出:勝田安彦2015年5月14日(木)~21日(木)
紀伊国屋ホール[新宿駅東口]

公演自体は今日明日明後日で終わり、しかも明後日の最終日は既に売り切れってことですからもう今日明日しかないわけで、ここで宣伝めいたことをしてもあまりチケットの売上には寄与しないかもしれませんが、せっかく見たので感想がてらいろいろと書いてみたいと思います。けっこうネタバレもまじりますので注意。

終戦間際のベルリンにあるアパートの一室を舞台に、未亡人、収容所から脱走した男、ゲシュタポの隊長の3人を軸に話が進みます。基本的には「反戦がテーマ」ってことになっていまして、関係者コメントなんかを見ても「戦争は本当にいけないことだと思いました」だとか「日本がおかしな道に進もうとしている今こそ何が大事なのか見つめなおさないとならない」とか、ちょっと香ばし目のフレーズが並んでいたりします。パンフレットにある演出家さんのコメントを見ても、今の日本、安倍総理が進めている安保政策の変換などに危機感を持ち、それに反対する意思が示されていたりします。

実際に、劇中では小山力也さんが演じる、政治犯として収容されていたところから命からがら脱走してきた男が、「自分の罪は、火事になっているのに声を上げなかったことだ」と言うシーンがあります。祖国であるドイツが、ナチスの手によってどんどんおかしな方向に突き進んで行く様子を目にしながら、それに対して「これはおかしい」と自分を含めたドイツ国民がちゃんと主張しなかったからドイツはこんな有り様になってしまったのだ、という意味ですね。それをもって、今の日本の動きに対して警笛を鳴らし、安倍総理の政策に反対するべきだと言いたいのかもしれませんが……。

言っちゃなんですが、この劇を最初から最後まで見て、そんな解釈をしてしまうようなら、そいつはいったい何を見ていたんだと問い詰めたい気分です。「火事になっているのに声を上げない」のは確かに罪かもしれませんが、「火事を消そうとしている人を全力で邪魔する」のに比べれば100倍マシです。

-GUNニュース

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.