エアガン、サバゲ ガンマメ~銃の豆知識~ 全般

【ガンマメ】リボルバーが好きなんだけど「時代遅れだし性能悪い」って言われた。

投稿日:2015年6月7日 更新日:

時代遅れかどうかはなんとも言えないけれど、リボルバーのエアガンが性能悪いのはしかたのないこと。

201505hs-airrev-01エアガンやガスガンでは、リボルバー(回転式拳銃)という仕組みはハンデにしかならない。それでもリボルバーのファンというのはいるので、エアガンメーカーはいろいろ工夫してなんとか性能の高いリボルバーを開発しようと頑張っている。写真は東京マルイ製のエアコッキング式リボルバー「コルトパイソン4インチ・ブラックモデル」。

一発撃つたびに、レンコンみたいな形の弾倉が少しずつ回転しながら次弾を銃身の後ろにセットして発射するのが、リボルバー(回転式拳銃)だ。刑事ドラマやアニメなどでは主役級の扱いをされることが多く、なんとなく「正義の味方の銃」みたいなイメージが強いような気がする。時代設定がもっとさかのぼって西部劇になると、敵も味方もみんなリボルバーだ。

そういう影響もあり、拳銃といったらオートよりもリボルバーが好きだ、という人はけっこう多い。特に大ヒットしたアニメで主人公が使っていた「コルトパイソン357マグナム」や、同じく大ヒットアニメで主人公より格好良いくらいのガンマンが使っていた「コンバットマグナム」など、他の銃の名前は知らなくてもそれだけは知ってる人が珍しくないくらいの知名度激高の大人気銃だ。だが、前エントリーで書いたような日本警察のような一部の組織を除けば、アメリカの警察も軍隊も、もちろん日本の自衛隊を含めた世界各国の軍隊でも、今更リボルバーを制式拳銃として採用しているところなんてもうほとんど残っていない。軍・警察用の拳銃としては極めてマイナーな存在になりつつある。

それに、なんといっても先に挙げた2つの大人気銃であるコルトパイソンとコンバットマグナム(S&W M19)は、メカニズム的なことを抜きにして単純な話、「えらく古い銃」である。両方とも発売は1955年。昭和30年だ。同時期に発売された工業製品で、未だに「時代遅れ」になってないものなんてあるのだろうか。その時期に作られたもの、例えば自動車ならば初代クラウンとかカローラとか、ダイハツの三輪トラックとかスバルR360などが該当する。もう完全に「クラシックカー」の範疇に入る骨董品だ。
 

800px-1958_Subaru_360_01日本が誇る軽自動車のイノベーションにして傑作、スバル360。1958年製。実用車として使い続けている人も世の中にはいるのだろうけれど、ほぼ「博物館モノのクラシックカー」である。「コルトパイソンやコンバットマグナム」を工業製品としてみると、これと同時代のものということになる。

もちろん、自動車の世界と銃器の世界では技術革新とか新製品の発売頻度が大幅に異なる。基本設計が100年以上前の製品が、「古い道具へのこだわり」とかそういうのではなく、普通に最前線で現役で使われていることが珍しくないのが銃器の世界だ。とはいえ、半世紀以上も前に発売されたコルトパイソンやコンバットマグナムが、今の時代に新素材や技術を使って作られる銃とくらべて「古い」という印象を持たれてしまうのは、ある意味ではしかたのないことだろう。

-エアガン、サバゲ, ガンマメ~銃の豆知識~, 全般

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.