ガンマメ~銃の豆知識~ 法律関連

【ガンマメ】18才未満が18禁エアガンを持ってると、どんな法律に違反するの?

投稿日:2015年5月17日 更新日:

そもそも、男の子はエアガンを欲しがるものだ。それ自体は別に不健全でもなんでもない、当たり前のことだ……少なくても私はそう思う。とはいえ、子供になんの制約もなくエアガンを持たせて自由に使わせたりしたら、ろくなことをしないのは目に見えている。少なくても私が子供のころはそうだった……んじゃないだろうか。だからこそ、子供がエアガンを買うときに保護者たるべき大人が、ちゃんと「どこで撃つのか」「何を撃つのか」「そもそもエアガンを何に使うつもりなのか」「エアガンでやってはいけないこととはどんなことか」といったことをちゃんと教え、できればエアガンを使うときはちゃんとそばにいて間違った使い方をするようならすぐに叱って取り上げる、くらいのことはしなきゃならない。さらなる規制を避けるために仕方なくじゃなく、エアガンを子供に使わせようとするなら、それは最初っから「やらなきゃならないこと」だと思う。
 

weapon-424772_640子供がエアガンを欲しがるのは当たり前のこと。だが、子供に威力の強いエアガンを買い与えて、大人が管理もせずにほったらかしで好き放題にさせたりしたら、ろくなことに使わないだろう。それもまた当たり前のことだ。※写真はイメージです

エアガンのパワーが法律によって規制されることになった理由というのも、エアガン業界の自主規制がほとんど守られていない状況が続いていたというのが大きい。海外製品の流入などいくつか仕方がない理由があったのは確かだ。しかし、自主規制を定めた業界団体を構成しているメーカー自身が、その自主規制値を大幅にオーバーした製品を製造しているような状況が常態化してしまっては、法の守護者たる警察としてはきっちりと上から押さえつけておかなければとんでもないことになる、と危機感を覚えたのも当然というものだろう。

逆に言えば、自主規制がしっかりと働いていて、わざわざ法律で押さえつけるまでもなく「それなりに良い状態」が保たれているのなら、それが一番いいに決まっている。現時点で、エアガンを一方的に「子供の成長に悪影響を及ぼす不健全なもの」と決めつけている多くの都道府県において、その見解が改められ子供たちが楽しくエアガンで遊べる日が来る希望は残念ながらほぼ皆無に等しいけれど、かろうじて「子供にエアガンを使わせること」をそれほど厳しくは禁じていない地域では少しでも長く今の状態が続いてくれるように願う。

-ガンマメ~銃の豆知識~, 法律関連

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.