ガンマメ~銃の豆知識~ 法律関連

【ガンマメ】18才未満が18禁エアガンを持ってると、どんな法律に違反するの?

投稿日:2015年5月17日 更新日:

さて、ここまで特に注釈なしに「18禁エアガン」という言葉を使ってきた。具体的には「ショップが子供に売ってはいけない」とされているエアガンを指すわけだけれど、弾を撃つエアガンならなんでもかんでもNGというわけではない。多くの都道府県で、ある程度以上にパワーの高いエアガンが「知事による指定」を受け、子供に売ってはいけない有害なブツとされている。

ちなみに、その「知事による指定」を受けているのはエアガンだけではなく、例えばバタフライナイフだとか男性器型のバイブや女性器型のオナニーホールなんてものも含まれていることが多い。「有害がん具」とか「有害がん具刃物等」「有害器具」なんて呼び方をされている。ということはつまり、エアガンって製品はそういったものと同一視されているということになる。エアガンを子供に買い与えたりするだけで、子供の「健全な育成」に対して悪影響があると一方的に決めつけてるわけだ。文句をつけたい気持ちは山ほどあるけれど、とりあえずここではそれは本題ではないのでぐっとガマンしておこう。
 

Bali-Song_butterfly_knife「有害指定」を受けているブツの代表例がバタフライナイフだ。片手で簡単に開閉ができるナイフとしてそれなりに利便性はあるのだけれど、カチャカチャとブレードを出したり閉じたりする行為自体が「みせびらかし」あるいは「ギャングの示威行為」的に使われたりしたことがきっかけで、いわゆる「育ちが良くない人間」御用達アイテムとしてのイメージが付いてしまったかわいそうな例ではある。(Photo : Iamthawalrus9)

ところで、その「指定」というのがお役所仕事的というか、大昔に作られてそのままほったらかしになっているところが珍しくない。いくつかの古い製品名が指定されているだけのところや、対象が「手動式のコッキングガンとガスガン」と限定されており、それより後に開発されたモーターの力でコッキングする電動ガンの存在を全く考慮に入れていないところもあったりする。

たとえば千葉県では、「有害がん具」と指定された製品がいくつかあるものの、大昔に発売された今では入手すら難しい機種が2つ指定されているだけ(このように特定の製品のみに対する指定を「個別指定」と呼ぶ)なので、「現在販売されているエアガンのほぼ全てが対象外である」と解釈することが可能な状況となっている。

それをもって、「千葉県は18禁のシバリがないフリーダムな県なんだ」ってことになるのかというと――そういうわけでもない。県の条例に加えて独自の決まりを自治体などが定めている場合もあるし、「18才未満の者」であれば大多数が所属しているであろう小中学校や高校の「校則」としてエアガン禁止を掲げているところも多いだろう。事実、私の甥が通っていた千葉県の小学校では「年齢制限にかかわらず、エアガンは全面的に禁止」という校則があったそうな。

※ 本エントリーの最後のページに、47都道府県の全ての条例名と内容および「有害なもの」と指定されている対象についてまとめてある。いくつか、指 定内容について公式サイトなどには詳しいことが公開されていなかったところについては、それぞれ問い合わせを行った。返答がありしだい反映させる予定。

-ガンマメ~銃の豆知識~, 法律関連

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.