【ガンマメ】18才未満が18禁エアガンを持ってると、どんな法律に違反するの?


法律には違反しない。多くの場合は条例違反になるが、罰せられるのは大人の方。

arrest「18禁エアガン」の「禁」というのは、子供が持つことを禁止するという意味じゃなく、子供に売ることを禁止すると意味。罰せられるのは、売った大人の方だけだ。※写真はイメージです

多くのエアガンは「18才以上用」だ。エアガンショップでも子供には売ってくれない。売ってくれないどころか、最近は18禁エアガンが置いてあるエリアに子供が立ち入ることもできないような措置を採っているところも多くなった。

エアガンが18才以上用なのは最近になって始まったことではない。かなり昔からのことだ。とはいえ、十年前くらいはここまで厳しくはなく、けっこうおおらかなもんだった。中学生や高校生でもエアガンショップには入ることはできたし、購入するにもそれほど厳しいことは言われなかった。ここ数年になっていきなり厳しくなってきたのは、取り締まりが厳しくなって実際に捕まったり罰金を払わされたりする例がでてきたことが原因だと思われる。

だが、ここで「捕まったり罰金を払わされたり」するのは、18禁エアガンを購入した子供ではない。売ったお店の方だ。

実は、18才以上用のエアガンを18才未満の子供が購入したり所持すること自体を禁じる法律なんてものは存在しない。そういったことについて、詳しいことを定めているのは国の法律ではなく、都道府県の条例だ。条例は、全国一律のルールを決める法律とは別に、地域による文化や風習や気候や風俗の違いに対応した細かいルールを定める役割をしている。たとえば雪が多い地域の条例では、公道を走る自転車に雪道を走行する場合の装備についての細かい決まりが定められていたりする、なんてのが一例。

多くの都道府県では、ある程度以上のパワーをもつエアガンを18才未満に販売したり使わせたりすることを罰則付きで禁じている。ここで注意が必要なのは、禁止の対象となっている「者」というのがエアガンを販売している業者、つまりはショップの人であり、禁止されている「行為」というのはエアガンを子供に販売したりすることだという点だ。

「子供がエアガンを持つこと」自体を罰則付きで禁じているところはない。実際の対応としては、禁止されている物を子供が持っていたら、補導して親を呼び出した上でどこで購入したかを追求し、場合によってはエアガンを没収したり破棄させたりというものになるだろうし、それはお小遣いでエアガンを買った子供の側からすれば「罰則を食らった」に等しいかもしれないが、罰金を払わされたり懲役刑になったりするわけではないという意味で、「罰則はない」。

※「補導して親に連絡してエアガンは没収か破棄させる」というのをわざわざ条例内に明文化してるところもある。



にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへにほんブログ村 その他スポーツブログへにほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ

Comments are closed.

 

サイト内検索


ここ1週間の人気記事

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のコメント

リンク

カテゴリー