トイガン射撃

「ひたすらシルエット」を開催します

投稿日:2015年4月7日 更新日:

hitasura-b-and-s-01長いお休みをいただいておりました「ピンポイントシューティング」と「ひたすらブルズアイ」ですが、お待たせしました! 次回開催は、5月4日(月曜・祝日)。場所は赤羽フロンティアビル2F射撃場です。

……といっても、今回は「ピンポイントシューティング」は一端お休みとします。その替わりに、「ひたすらシリーズ新種目」として「ひたすらシルエット」なんてものをやってみたいと思います。

シルエットというのは、APSカップの3つあるステージのうちの一つですね。さらにその「10m・スタンディング」だけをひたすら行うというものです。5枚のターゲットに5発、制限時間は4分。それを4回行い、合計で20発を撃ちます。1枚倒すごとに5点、満点は100点となります。使用できるエアガンや射撃姿勢についてはAPSカップのシルエット・スタンディングと同じです。ターゲットも、台座などにアレンジは行いますがAPSシルエットで使用するものと同じものを使います。

「APSのシルエット10mは、ギャンブル性が強すぎて競技にならない」「いや、ちゃんと調整されたエアガンでちゃんと撃てば、ほぼ100%当たる」と、某掲示板で議論フットー中ですが、「百聞は一見にしかず」ならぬ「書き込み100回より1回の実績」です。自分はシルエット10mをどれだけの確率で当てる技術を持っているのか、それと他の人たちはどのくらいの率なのか。もしかしたら上位陣はガチでほぼ100%の率で当てたりするんだろうか、それとも……?

みなさんのご参加をお待ちしております。

-トイガン射撃

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.