【ガンマメ】アメリカでは誰もが銃を持ってるんでしょ?


思われてるほど多いわけでもないし、地域差もある。

「アメリカでは、誰も彼もが銃を持っていて、ちょっとしたことですぐに撃たれるんでしょう?」

これだけの情報化社会なのに、大真面目な顔してそんなことを言う人が時々いる。日本に対して、「チョンマゲしたサムライが道を歩いていて、無礼をしたら斬り捨て御免」みたいな印象を持ってるのと同じくらい、時代錯誤で偏ったイメージだと思うのだが……。

確かにアメリカは「個人による銃の所持率」でいったら、ワールドランキングで2位以下を大きく引き離すダントツの一位。1人あたり1挺以上の銃が民間で個人所有されている。といっても、これは「アメリカ国民全員が銃を持っている」というわけではない。「銃がある家庭の率」という数字が統計として公開されていて、それは2012年(最新)で34.4%とのこと。半分以上の家庭には銃が存在しないということになる(※Gunpolicy.org)。
 

file9491252855630「銃があるから犯罪が起こるんだ」とばかりに、銃を厳しく規制することこそ治安を良くすることだと信じている人たちというのはアメリカにも一定層存在する。だが、それが必ずしも正しくないということを多くのアメリカ人は知っている。

アメリカは州によって別の国といっていいほど法律も風習も違うことにも注意が必要だ。ニューヨークとかイリノイとかワシントンDCなどはヘタすると日本より厳しいんじゃないかってくらいに厳格な銃規制がある。特にニューヨークの厳しさは良く話題にされる。弾が入ってない銃をカギのかかるケースに入れて車の中に積んでるだけでも場合によっては捕まることもあるそうな。

逆にアリゾナはアメリカでも随一の「銃規制が緩い州」として知られる。「銃で身を守る」というのが人として当然の権利という考え方が浸透しており、ほとんど「誰も彼もが」に近い感じで拳銃やらショットガンやらを車の中に常備している、なんて話も聞く。

当然、銃規制が緩い州のほうが、銃規制が厳しい州よりも、銃撃事件や乱射事件が多いんだろうな? 意外にもそうでもなかったりする。前ページで、厳しい銃規制がある州の例として出したイリノイ州にあるシカゴなんかは、全米でも最も犯罪件数が多い都市の一つとなっており、殺人件数に限っても全米平均の4倍も発生しているという。

しかも面白いことに――と書いてしまうと不謹慎極まりないが――イリノイ州において「拳銃所持を全面的に禁止する」という、思い切った厳しい銃規制を行った1982年からの10年間、殺人件数は41%増と激増している。そして逆に、許可を取れば銃を(撃てる状態で)持ち運ぶことを許可する制度を導入するという「銃規制の緩和」を2014年から行ったところ、犯罪件数が激減してしまったという。
 

ap99040802570_s878x615シカゴの犯罪率が大幅に減少したことを伝えるワシントンタイムズの記事。「シカゴ警察の統計によると、イリノイ州で銃の携帯を許可するようになった今年以来、逮捕された強盗の数は昨年から20%減少。空き巣や自動車盗はそれぞれ20%減・26%減となった。第一四半期では、街の殺人率は56年ぶりに減少した」※写真は記事より引用



にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへにほんブログ村 その他スポーツブログへにほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ

Comments are closed.

 

サイト内検索


ここ1週間の人気記事

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近のコメント

リンク

カテゴリー