【ガンマメ】火縄銃は許可なしに持ってもいいというのは本当か?


確かに許可はいらない。だが「登録」は必要。登録できる条件もけっこう厳しい。

大昔に作られた銃は「古式銃」と呼ばれ、現代の銃と違って簡単な手続きで所持することができる制度がある。武器ではなく、美術品、あるいは骨董品という扱いになるということだ。「古式銃」と認定されるための条件というのは下記の通り。

  • 形式:撃発方式が管打式又はピン打式等、それ以前の構造を持つ銃
  • 年代:概ね慶応3年(1867年)以前に製造された日本製の銃、または概ねそれ以前に我が国に伝来した外国製の銃

この条件を満たしていると教育委員会が認定した銃には「登録証」が発行され、現代銃とは異なり特別な許可なしに所持しても構わないものとなる。例えば倉庫の奥などから登録証がない銃を発見した場合などは、最寄りの警察署に「発見届け」を行い、警察から教育委員会に登録希望が出され、教育委員会から登録審査会のお知らせが届き、その審査会に該当する銃を持って行って審査してもらう……という、それなりに面倒な手続きにはなるが、現代銃の所持許可に比べれば格段にラクチンではある。
 

800px-Antique_samurai_tanegashima_(matchlock)_pistols熊本城に展示されている火縄銃。こういった古い銃は「骨董品」あるいは「美術品」として、現代銃とは異なった手続きで所持したり展示したりすることができるようになっている。
photo : ryochiji




にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへにほんブログ村 その他スポーツブログへにほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ

Comments are closed.

 

サイト内検索


ここ1週間の人気記事

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近のコメント

リンク

カテゴリー