ガンマメ~銃の豆知識~ 法律関連

【ガンマメ】レールガンは作っても捕まらないというのは本当?

投稿日:2015年4月19日 更新日:

「銃刀法違反」にはならないのは確かだが、捕まらないとは限らない。

日本で、銃砲に関連した規制だとか罰則だとかを定めている法律は銃刀法(銃砲刀剣類所持等取締法)だ。その法律の冒頭に、銃砲の定義が書かれている。いろいろとゴチャゴチャと法律文章っぽい周りくどい書き方がされているが、ぶっちゃけて書いてしまうと「火薬か圧縮した気体を使って弾を撃つもの」というものだ。ということは逆に言えば、この定義に該当しないものは銃刀法における「銃砲」ではないということになる。

レールガンは電磁力を使って物体を加速するもの。火薬も圧縮した気体も使わない。だから銃刀法における「銃砲」には該当しない。そのため、たとえ一般的な銃と同じくらいの初速度・威力の弾を発射できる能力を持ったレールガンを製造したり所持していたりしたとしても、それが「銃刀法違反」になるということはまず考えられない。ここまでは確実だ。
 

800px-Flickr_-_Official_U.S._Navy_Imagery_-_High-powered_gun_launch_system_sets_world_record.米軍の研究施設にあるレールガン。2008年に33メガジュールの当時世界記録を出したのだのだとか。銃とか砲とかいうよりは、「大掛かりな施設」といったほうがイメージに近い。
photo : U.S.Navy

ただ、「銃刀法違反にはならない」ということがすなわち「捕まらない」ということと同じではない。日本には銃刀法以外にもたくさんの法律がある。もし「銃」と呼べる程度に小型で持ち運びができるレールガンを製造し、それを使ってなにか悪いことや危ないことをしたとか、それを計画しようとしていたという明確で客観的な証拠があるのなら、銃刀法とは別の法律によって違反とされたり、捕まったりするということはあるかもしれない。

銃刀法に限ったことではなく一般的な話として、司法の裏をかこうとしたり警察を欺こうとしたりといった行為を行った者は、単に法律違反をした者よりもはるかに厳しい追及をされることが多い。「法律で定義された『銃砲』じゃないから、装薬銃レベルの威力を持ったレールガンを作っても自分は無罪だ」なんて考え方は、まさにその「厳しい追及」をしてくださいと言わんばかりのものだ。世の中にはなぜ法律があり、決まりがあるのかということをちゃんと考えよう。
 


「ガンマメ~銃の豆知識~」では、銃のメカニズムや歴史などについて、難しい言葉を使わずわかりやすく、けれどいいかげんなことは書かずにできるだけ詳しく書いていきたいと思っています。毎週火曜日、週に一回のペースを目標に新しい記事を投稿できればと思っていますので末永くよろしくです。

-ガンマメ~銃の豆知識~, 法律関連

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.