実銃射撃 射撃のコツ

銃と弾の相性テスト・その2

投稿日:2015年3月9日 更新日:

bt01昨年末、手持ちの弾で試してみたエアピストルと弾との相性テストが意外に面白い結果になったので、その時は試さなかった銘柄の弾も交えて改めてテストを行ってみました。ついでに万力も大型でしっかり固定できるものを購入。

Facebookのイベントにて呼びかけもしてみたのですが、急な話ってこともあって参加者は私一人だけ。まあ、土曜日は厳しいですよね、なかなか。

bullet-kan試したのはこの4種。R10 MATCHの4.49と4.50、Finale Matchの4.49と4.50。前回は安売りされてた古い弾とか、けっこう前に買った残りだとかで試しましたが、今回はお店で買ってきたばかりの最新ロットです。Finale Matchの缶のデザインなんか、前とはずいぶんと変わってますね……。

fm449いきなり本命から。以前から、「なんか良く当たる気がする」ってことでメインで使ってるFinale Matchの4.49です。10発撃ち込みで、穴はほぼ真円のまま。ちょっとだけ広がってるかな?程度ですね。

fm450次にFinale Matchの4.50。あらら、なんか明らかに良くない結果になってしまいました。穴2つ分くらいの大きさに広がってます。「10.3くらいには行っただろと思ったのが、なぜか9.8くらいに外れてた」みたいなことは起こりそうな感じ。

r10449RWS R10 MATCHの4.49です。これも、あんまり良いとはいえませんねえ……。弾単体の写真、こうやって拡大して見比べてみるとFinale MatchとR10 MATCHって、スカートの縁の厚みとかけっこう違うんですね。

r10450RWS R10 MATCHの4.50。明確に「良くない」って言っちゃっても構わないくらいの結果になってしまいました。

前回と違って入荷したての最新ロットですから、缶の中で古くなって劣化してた、みたいなことは(あるのかどうか知りませんが)ないはずです。普段から気に入って使ってた銘柄が良い結果になって、そうでもない銘柄は悪い結果になったってあたり、テスト時に無意識レベルで手心みたいなもの加えてしまって実験結果にバイアスが生じたんじゃないかと自分で自分に疑いが生じてしまいます。そういうことがないように気をつけてはいたんですが……。

次にやるとしたら? 3月末の日曜日あたりに呼びかけてみましょうか。どうせ練習しに射場に行くのでついでに機材も持っていけば良いだけの話ですし。他の方が自分の銃で同じテストをしたときには、どんな結果になるのか興味もあります。

-実銃射撃, 射撃のコツ

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.