射撃のコツ

アゴを出すか出さないか

投稿日:2014年12月10日 更新日:

第35回APSラジオにて、視聴者さんからのお手紙ということで「リスキーさんはアゴを引いて安定させるのが良いと言っていて、自分もそれを試したところ安定したのでずっとそうしていたのだが、動画とか見るとアゴを出して構えている人がけっこう多い。試してみても安定するようには思えない。アレにはなにか意味があるのか?」という質問が紹介されていました。リスキーさん、マック堺さん、山中さんともに「分からん、お手上げ! 分かるかたいらっしゃったらお手紙ください」とのことでした。

私も完全に「それはね、こういうことなんですよ」と完全無欠の正解を書けるわけじゃないんですが、これまでの経験とか各方面から節操無く仕入れた知識から、「多分、こういうことなんじゃないかな」という仮説めいたものなら挙げられますので、少しでも助けになればと思い投稿します。

この視聴者さんからのお手紙にある「アゴを前に突き出している」というのは、どちらかというと「極端にアゴを引いていない」というようなニュアンスなんじゃないかと思います。左は日本の松田選手(Photo:issf-sports.org)、右はウクライナのPavlo Korostylov選手(Photo:olympic.org)。ウクライナの選手はかなり極端といっていいレベルでアゴを引いていますが、松田選手はそうではなく、ごくわずかに前方に突き出した感じの姿勢ですね。

ウクライナ選手の撃ち方はアゴを引くとかそういうこと以前の問題として、この人いったいどういう骨格しているんだってレベルで首が真横向いた上に肩の中に沈み込んでます。子供のころからピストル射撃やってる人はこういう姿勢が可能になるそうです。ピストル射撃教本の著者である三野さんによると、「まるでフクロウみたいで驚くよ」とのこと。普通の人にマネできる姿勢ではないのではないかと思います。

日本でのピストル射撃大会でも海外の中継やYoutube動画でも、多いのは松田選手の姿勢に近い、「少しだけアゴを出した姿勢」だと思います。

-射撃のコツ

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.