【ガンマメ】イナーシャ・ドリブン=慣性の法則を利用した作動


現代の銃に使われる銃弾は、実際に飛んで弾だけでなく弾を加速するための火薬、その火薬に点火するための火薬、そしてそれらをひとまとめにする真鍮製のケースによって成り立っている。発砲によって、それらのうち「弾」は飛んで行くし「火薬」は燃えてなくなるが、真鍮製のケース=薬莢は銃の中に残る。だから次の弾を撃つためにはその空薬莢を銃の外に排出し、次の弾の発射準備を行わなければならない。その「排莢と次弾の装填」を手動ではなく銃が自動で行ってくれるのが自動銃だ。

現在、世界中の様々な分野で使われている自動銃のほぼ全ては、発射した弾の反動や火薬燃焼ガスの圧力を利用して作動する、「自己完結型」のメカニズムを持っている。自動銃の代表格であるガス・オペレーションについては前回取り上げたが、今回はそれとはまた別のメカニズムであるイナーシャ・ドリブンについて説明しようと思う。

イタリアのベネリ社によって普及した自動銃のメカニズムの一つ、イナーシャ・ドリブン。これは比較的新型の自動銃「Vinci(ヴィンチ)」の紹介動画の一場面だ。(画像クリックで動画ページへリンク)


「ガス・オペレーションを片付けたなら、次はショートリコイルが来るのが筋じゃないのか?」

というツッコミが私の脳内読者から入ったが、それに関しては取り上げないことにする。なぜなら、本気で突っ込んで解析していこうとするとわからないことだらけになってしまうからだ。はっきり言うと、ショートリコイルは、「手を出したらヤバい」領域なのだ。

そりゃもちろん基本的な仕組みや各部品の役割についてはちゃんとわかっているし説明もできる。けれど、発砲の瞬間にそれらの部品類が物理的にどういった作用反作用を起こしてどういった運動をするのかということについては、人や文献によって言うこと書いてあることがバラバラで、けっこう信頼がおける情報ソースですら「いや、それはおかしいだろ物理的に」としか思えないことが平気で書いてあったりする。極めつけはWikipediaの「ショートリコイル」の項目だ。この偏執的な長さと記述の細かさ、そしてノートにおける終わりの見えない議論を見れば、このウンザリ感はわかってもらえるんじゃないだろうか……。

というわけで、それよりははるかに単純でわかりやすいイナーシャ・ドリブンについての話というわけ。




にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへにほんブログ村 その他スポーツブログへにほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ

Comments are closed.

 

サイト内検索


プロフィール

 
池上ヒロシ
各種雑誌にてライターをやっています。
銃器の構造、歴史、射撃技術などが得意分野です。メインフィールドはピストルを使った精密射撃です。
 
ご意見・ご感想はこちら
 
仕事のご依頼は上のメールフォームからお願いします。 

 

ここ1週間の人気記事

   

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近のコメント

カテゴリー