【ガンマメ】銃は、実はすごく簡単な構造だ


金属パイプの片側を塞いで側面に穴を開ければ、それでもう「銃」の出来上がり……?

我々みたいな一部のガンマニアを除けば、ごく一般的な普通の日本人にとって「銃」というのは日常とは全くかけ離れた縁のないモノだと思う。そのせいだろう、銃というモノをやたらと特別視するというか、物凄く特殊な構造を持っていて、極めて特殊な材料や工具がなければ作れない複雑な機械だと思い込んでる人が多いような気がする。

だが、実は銃というのは基本的な構造だけを見れば、別に特殊なものでも特別なものでもない。機械的な複雑さで比べるならば、自動車よりははるかに単純、自転車と比べたとしてもずっと単純だ。敢えて同程度に複雑な機械はなにか考えてみたのだが、せいぜい「水道の蛇口」だとか「自転車の空気入れ」だとか、そのくらいがちょうど良い感じで同レベルになるんじゃないだろうか。

大丈夫だとは思うが念のため書いておくと、この記事で「銃なんて簡単に誰でも作れるんだぜ、みんなで作ろう!」とか呼びかけるつもりがあるわけでは決してない。ただ、銃のことをやたらと特別視し、まるでファンタジー作品に登場する魔法の道具であるかのような扱いをするのはやめましょう、それは明らかに間違った認識なのだから……という、当たり前のことを書きたいだけだ。

銃の構造や仕組みを解説した本がたくさん出版されています (Amazonリンク)




にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへにほんブログ村 その他スポーツブログへにほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ

Comments are closed.

 

サイト内検索


ここ1週間の人気記事

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近のコメント

リンク

カテゴリー