【ガンマメ】ボルトは、なぜ「ボルト」というのか


私が所有している唯一の装薬銃であるアンシュッツのボルト。

ごく普通の日常生活において「ボルト」という言葉を使う場合、それはいわゆる「ネジ」のことを指して使われることがほとんどだろう。だが銃器の世界では、それはある特定の部品や形式を指す言葉として使われる。具体的には、銃身の後ろを閉鎖するための筒状のパーツが、銃器の世界における「ボルト」だ。

この「ボルト」、なんでボルトと呼ぶのだろうか? 何の事はない、元々は普通の意味で使うボルトとほとんど同じ形をした、文字通りの「ネジ」だったからだ。
 

ごく普通の日常生活において「ボルト」という言葉を使う場合、それはいわゆる「ネジ」のことを指して使われることがほとんどだろう。

銃が今のような形になる以前、銃口から火薬と弾を棒を使って押し込んで撃つ「前装銃」だった時代。日本だと火縄銃(マッチロック)が良く知られているが、世界的には火打ち石を使って火薬に点火するフリントロックが長く使われた。このタイプの銃では、銃身の後ろ側を頻繁に開け閉めする必要がないので、「ネジ」を使ってガッチリと閉鎖してあった。




にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへにほんブログ村 その他スポーツブログへにほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ

Comments are closed.

 

サイト内検索


ここ1週間の人気記事

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近のコメント

リンク

カテゴリー