ニュース

第53回・静岡ホビーショー(前編)

投稿日:2014年5月19日 更新日:

先週末に静岡で開催されたホビーショー。模型・RC関連の展示会としては日本最大のものの一つで、特に今回は一般公開日に自衛隊が10式戦車を展示するとかいろいろと特別イベントもあって大賑わいになった。

今回はトイガンJPに掲載するのはダイジェストのみにして、細かいレポートはこちらでお届けする。

東京マルイの新製品はまさかのガスブロM4

事前に東京マルイ公式サイトの先取り情報にて「M4の新製品が何か出るらしい」ということだけは公開されていた。どんなM4が出るのかと多くの人が色々な予想をしていたが、その中でも「まさか、それはないだろう」と思われていた予測が的中することとなった。

今回の目玉である、ガスブローバックのM4、その名も「M4A1 MWS(Modular Weapon System)」である。発売時期は「2014年中」、価格は「東京マルイらしい、極端に高価にはならない範囲」と未定づくしで、試射はおろか触らせてもらうことすらできない状態ではあったが、デモンストレーションでは極めて激しく快調なブローバックを披露してくれていた。

会場入り口入ってすぐの目立つ場所で本邦初公開となった、M4A1 MWS。形としては通常のM4A1をベースに、ナイツ・アーマメント製のレールハンドガードやフリップアップ式リアサイトに換装したものだ。

次世代M4ベースなのかと思いきや、ほとんどすべてが新しく作りなおされた全くの新製品。電動では無理だった薄めのレシーバーや、実銃と同じように筒状になったボルト類などは金属製。

ボルトの形状は、実銃にはあるボルト・キイ(銃身先端からパイプを通して導かれてきたガスを受け止めるパーツ)が見当たらないなど、エアガンならではのアレンジがされているようだ。「中身はほとんど実銃そのまま、ただ火薬じゃなくてガスで撃つだけ」みたいな製品ではなく、あくまでエアガンとしての性能を重視、その上で可能な限りホンモノ感を高めていこうという東京マルイならではのアプローチということなのだろう。

特筆しなきゃならないのが、表面処理だ。単なる黒染め塗装ではなく、「セラコート」という米軍で使われているのと同じ特殊な焼付け塗装となっている。刻印類にも注目。実銃にあるものはハッキリクッキリしたもの、「MADE IN JAPAN」とか「TOKYO MARUI」とか「ASGK」とか実銃にはないものは、目を凝らさないと見えないくらいにうっすらと入っているというメリハリが付けられている。

レシーバーやハンドガードに施されたつや消し黒のセラコートと、エジェクションポートから覗くボルトの色合いの違い。セラコートとはセラミック粉末を含む強固な塗料によって、表面の保護だけではなくオイルを含み長時間超耐久の潤滑も行なうというもの。「こびりつかないフライパン」なんかに良くある高耐久のテフロンコーティングがあるが、アレよりもっと耐久性が高いというのがウリになっている。

フロントサイト周り。今回公開されたものは通常のM4A1と同じ三角の形をしたフロントサイトが付いていたが、「MWS(Modular Weapon System)」と名乗るからにはここをガスブロック+フリップアップ式フロントサイトに変更したりといったカスタマイズを行なうことも、当然選択肢に入る仕様になるのではないかと思われる。

-ニュース

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.